2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.19 (Mon)

ズボン訴訟

少し前のニュースだが、しばらく前から話題の、アメリカで判事が、ズボンがなくなったと言ってクリーニング店相手に法外な賠償請求を吹っかけた訴訟を起こした、という話。
ズボン訴訟の判事、失職へ=米紙(時事通信)
10月24日6時0分配信 時事通信 
「【ワシントン23日時事】23日付の米紙ワシントン・ポストは、韓国人経営のクリーニング店を相手取りズボン紛失を口実に5400万ドル(約62億円)もの巨額損害賠償訴訟を仕掛けた首都ワシントンのピアソン判事が失職する見通しだと報じた。
 判事は6月の一審で敗訴し、上訴中。訴訟社会の米国を象徴する出来事として国際的にも注目を集め、同判事への批判は強まっていた。」
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200710/2007102400061
ここで言及されているワシントン・ポストの記事はこれですな。
Judge Set to Lose Job, Sources Say - washingtonpost.com
MISSING PANTS CASE
Judge Set to Lose Job, Sources Say Panel Reportedly Votes Against Reappointment
By Keith L. Alexander
Washington Post Staff Writer
Tuesday, October 23, 2007
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/10/22/AR2007102202170.html?sub=new
わ、Wikipediaの記事まであるんだ(笑)
これによると、判事職の失職は確定した模様。

「アメリカじゃまた無茶な訴訟を。これだから訴訟社会は」と呆れるのが平均的日本人のリアクションだろう。まぁ、アメリカ法観察者の自分も苦笑は禁じえないし。おまけにそんな訴訟を判事が起こしたとなれば(*1)
ただ、訴訟社会を批判したり、アメリカでも不法行為改革を推進する陣営がこの事件を例に引くようだが、それはどうなのかな、と。本件で被告勝訴の判断(しかも陪審審理で)が下ったのは、むしろアメリカ不法行為法and/or陪審裁判が健全に機能しているとも解釈できる。(*2)


それよりも。この事件はきちんと追いかけていなかったので、英語のソースを読んだのは前掲のワシントン・ポストの記事が初めてだったのだが、自分的に衝撃だったのが:
私も本件を冷ややかに=原告に批判的に見ていたのは前述の通りだが、
その際、原告=白人男性だとイメージしていた。何の根拠もなく。ただ、「判事」職にある=社会的強者だ、という情報のみから。

違った。

記事の写真にもある。Pearson(元)判事は黒人だった。
そのことを知って、自分の思い込みの浅はかさに愕然とした。事実を確認しなければならないという当たり前のことを、改めて肝に銘じた。とりわけ普段慣れ親しんでいない外国のことをウォッチする者としては。

第2に、そうすると、本件のイメージも大きく変わってくる。何の根拠もなく原告=白人男性だと思い込んでいたときは、、弱きものの状況にinsensitiveなマジョリティによる横暴、という事件だと了解していた。

実際はそうではない。

マイノリティである黒人が、判事職に任命されて舞い上がったのか、韓国系移民というマイノリティを叩く、という構図の意味。
弱い者達が夕暮れ さらに弱いものをたたく(*3)
その音が響きわたれば、ブルースは加速していくのだろう。

【More・・・】

*1 但し、Pearsonはadministrative law judgeということなので、いわゆる「裁判官」とはちょっと違う気もするが。
*2 ただ他方で、注目を集めている裁判の当事者であることを理由(の一つ)に判事職を奪うというのは、裁判を受ける権利の観点からどうかな、という疑問もないではない。ただ、もちろん法曹倫理/裁判官倫理の問題もあるし、決定の一次資料を分析したわけではないので、ここでは論点の存在を認識したという事実の備忘録に留める。
*3 「TRAIN-TRAIN」作詞:真島昌利、唱:THE BLUE HEARTS
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

18:21  |  アメリカ法  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/82-50444b40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

蓁鱶 騾謗逶 褂韲矗

蓁鱶 騾謗逶 褂韲矗
2010/09/24(金) 09:17:41 | 蓁鱶 騾謗逶 褂韲矗

-

管理人の承認後に表示されます
2008/03/01(土) 10:33:34 |

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。