2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.25 (Sun)

オーストラリア政権交代

オーストラリアの総選挙で与党が大敗して政権交代、イラクからも撤兵の方向。
目に付いたブログの多く(おそらく左翼系)(*1)はまた反アメリカ=ブッシュの選挙結果だ、と意気が上がっているようだが、本当なのだろうかと。
イラクを含めた外交は争点ではあっただろうけれども、内政上の他の争点もあっただろうし、むしろそちらが主要だったとの報道もある。そもそも、従来の野党側がそのような外交政策を主張したのも、単に与党の反対を主張してみたというだけで別にそうしたcauseにコミットしているとは限らない(*2)

もうちょっと冷静な視点が必要でしょ。

昨年のアメリカ議会選挙のときも同様に思った。確かにイラクは重要な争点だったけど、明らかに唯一の争点ではなかったし、第一の争点であったかも怪しい。

そもそもアメリカ=ブッシュ=ネオコン=イラク戦争=対米追従外交みたいな思考自体が短絡的。
じゃあ政権交代が起これば安保は解消されるのか、と考えればそんなことはあり得ない。90年代クリントン政権の対中接近・対日強硬姿勢も、強気に出ても日本との関係は壊れない、という依存的な政策態度だったというのが私の解釈。(足元を見透かされた、とも言う。)
Je n'avais pas l'intention d'aller a la mer.-en maniere de Haruphilie - 長門有希の一人称が変わるとき
「そしてキョンはハルヒを正妻としてキープしたうえで、長門に強く肩入れするのだ。」
http://d.hatena.ne.jp/y_arim/20071005/1191562765

まあ私も、アメリカについていけばいいと考える(そうとしか考えられない)外交姿勢については疑問に思うが。アメリカのことを勉強しているが故に、米国内であればまず通用しない話を外交の局面で要求してくるのはどうなんだと思うし、それを切り返せない日本外交も歯痒い。
しかしそれに対するアンチテーゼがやはり短絡的なのでは、展望は開けないなと。

【More・・・】

*1 つまりオレの巡回しているブログがそっち方向に偏ってるってことか?
*2 日本の給油継続問題の民主党もそんな感じか。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:58  |  日本社会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/77-5cb879b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。