2017年03月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.12.10 (Mon)

Get Your Gun

アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する - 見えない自由がほしくて 銃を
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-80.html
Gunman at an Omaha Mall Kills 8 and Himself - New York Times
By ARDY FRIEDBERG and MONICA DAVEY
Published: December 6, 2007
http://www.nytimes.com/2007/12/06/us/06omaha.html?th&emc=th
2 Fatal Shootings at Colorado Religious Sites - New York Times
By ROBERT D. McFADDEN
Published: December 10, 2007
http://www.nytimes.com/2007/12/10/us/10shooting.html?th&emc=th

大学の本屋で面白い本を見つけた。
”Armed
  • "Armed America: Portraits of Gun Owners in Their Homes"
  • Photograph by Kyle Cassidy
  • Krause Pubns., Inc., 2007
  • ISBN=978-0896895430

どんな本かはサブタイトルと表紙から分かるだろう。銃を持った一家を自宅で撮ったポートレートを集めた写真集。"Why do you own a gun?"という問いの答えとともに、100組(たぶん)
「一家」といっても様々で、一人から4人までは確認した(5人以上は未確認)。ペットが一緒に写っている場合もある。

写っているのも、いかにも保守っぽい中年男性が中心となった一家も目立つが、若いカップルやタトゥーを入れたヒッピー風の若者、おばあちゃんもいる。
但し、圧倒的に白人で、マイノリティはdisproportionalyに少ない。本屋の店頭でパラパラと眺めた限りでは、黒人は4名、全員一人で写っている。黒人は皆ペンシルバニアの人間なのはカメラマンがフィラデルフィアの人間だからか。あとはアジア系と思しきもう一名。のみ。


日本人の感覚からすると、銃を持ってにっこりポートレート写真、特に子どもが、というのは違和感もあるだろう。
銃暴発:2歳児が死亡 父が部屋を離れ、数分後 5歳兄「触った」??東京・目黒 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2007/12/10/20071210dde001040023000c.html
東京・目黒区のライフル暴発:油断、幼い命失われ 「仲の良い兄弟が」 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2007/12/10/20071210dde041040012000c.html
しかし、日本でなら、(子どもが、ということはないかも知れないが、)日本刀を構えて一枚、というのはありそう(*1)で、そういった辺りと比定するのが適当かも知れない。
差異を見出すか、同質性を見出すか。
そもそも「武器を持ってスマイル」に違和感を感じる感覚自体が、刀狩や廃刀令等、権力によって政治的に構築されたものであることは思い出すに値する。(*2)


とまれ、アメリカ人の銃に対する感覚は捉まえるのが難しいし、そうしたところを捉まえようとしたのがこの本の狙いだろう。
ただ、この本、本屋の"Humorous, Helpful & Odd"のコーナーに平積みされていたのはどういうことなのだろうか。

【More・・・】

*1 三島由紀夫はそんな写真、撮ってなかったか?
*2 もっとも、日本社会の武装解除が完成したのはGHQの政策のおかげとの歴史家の指摘もあるそうな参照。ここでもアメリカのせいですかい(笑)
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

23:55  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/66-45fbf0f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。