2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.01 (Tue)

地球はまわる 君をかくして

あけましておめでとうございます。
当地も2008年を迎えました。日本時間から14時間遅れ、ハワイはこれからですね。地球は丸いです。

除夜の鐘の代わりに外では花火が上がる音。ペンシルバニア州の花火規制はどうなっているのでしょうか。


ブログを書き始めて3ヶ月以上が経過しました。
小学生の頃は日記というものが大嫌い、その後も一貫して筆不精。まだ生きているという報告用には手頃なものの、どれだけ続くやら心配でしたが、3日・3週間・3ヶ月というハードルは越えました。
自分で他人のブログを読むようになって「毎日書かなくてもいいんだ」と分かったのも肩の力が抜けた一因です。
P2P上で出回っているコンテンツを退治すべく、全米レコード協会(RIAA)等が音楽データを許諾なくアップロードした個人に対する訴訟戦術を展開している、という話は結構有名だと思うが;
そういう個人はたいてい若者であり、そういう若者の少なからぬ一部は学生であり、そしてそういう学生の少なからぬ一部は大学のサーバにそういうデータをアップロードしている。
自分が現在滞在している大学でも、時々注意を喚起するメールが回ってくる。

RIAAは(しかるべき業者を雇って)ネット技術を利用して、問題のデータが大学のサーバ上にあることを割り出し、大学に対して、学生の身元情報を提供したり、学生に訴状を回付するよう要求したりしている。
In the Fight Over Piracy, a Rare Stand for Privacy - New York Times
By ADAM LIPTAK Published:
December 31, 2007
http://www.nytimes.com/2007/12/31/us/31bar.html?_r=1&th&emc=th&oref=slogin
大抵の大学はこれに応じているようだが、オレゴン大学(Univ. of Oregon)は反撃に出た。
そいつは学生のプライバシーを侵害し、また調査業に関する州法違反だと。
そしてオレゴン大学は州立大学なので、大学側代理人は州法務総裁!

この大学側の主張が認められるかは分からないが;
日本で国立大の学生が何かアヤシゲなことをやらかしても、法務省が対応してくれることは
絶対ないな
と思うと日米の対比が感じられる(笑)

幾つか(も)要因はあると思うが、恐らく背景事情で一番大きいのは、州法務総裁(州司法省のトップ)を含め、主要な公職が選挙によって選ばれるということ。
そうだとすれば「intrusiveな州外ビジネスから州民を守りました」と宣伝できる機会には積極的に行動するだろうことも容易に了解できる。
サブプライム騒ぎ関連でも同様だと言えるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

00:42  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/46-4168f3cf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。