2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.11 (Mon)

Same-Sex Marriage

"Same-Sex Marriage"の争点は同性愛者(gay and lesbian)に関連した論点として把握されることが通常だから(*1)、つい「同性愛婚」と訳してしまいたくなるが;


昔、民法家族法の授業で婚姻の要件を習った時(*2)、「婚姻の実体要件は、婚姻意思です」と聞いて、最初、ギョッとした。愛情とか、そういうもんはいらんの?(*3)
しかし冷静に考えてみれば、婚姻の効果という法律効果を帰属させるために要件が立てられているのだから、かかる効果の帰属を受ける意思さえあれば必要条件は満たされる。むしろ愛情だのなんだのの内心に立ち入らないというのは、法/国家の採る態度としては間違いではない。(*4)


で、つい「同性愛婚」と訳したくなるのだが、原語を見れば"same-sex marriage"で「愛」とは書いていない。
婚姻意思を「婚姻の法律効果を受ける意思」と定式化すれば、そこに「愛」は要らない。
というわけでオレ的には以後「同性婚」で統一する方向で。

試しにググってみた。
"同性婚"約156000件
"同性愛婚"約2450件
世間的にも「同性婚」がメジャーなようだし。


で、そういうふうに把握すると:
別に愛し合っていなくても、結婚はできる。現行日本法でも、男女間なら愛し合っていなくても結婚できる。
アメリカの新しいトレンドの下では、男性同士・女性同士でも。
同性愛者でなくても。彼ら・彼女らの性的志向がストレートでも。(まぁ周囲は同性愛者のカップルだと思うだろうが。)
別に性愛(行動)は婚姻の要件ではないし(*5)。異性婚者でもセックスレスカップルなど掃いて捨てるほどいる。(*6)

や、だからどうだというわけではないが。そういうことは可能だよねーというだけで。

ただひょっとすると、この所見が奇妙に見えるのは、アメリカ的な婚姻の観念について重大な見落としを(ネタのためにわざと?)しているからで;
社会関係としてのそれは脇に置いておいて、日本では、法的な意味での婚姻は、実体要件としての婚姻意思+一定の様式、に尽きる。法的な意味での婚姻の成立が、法的なワールドで完結している。(*7)

どうもアメリカ的にはこの辺りの観念が違うっぽい。
婚姻の成立について、政府が関与する主要な局面は、marriage licenseの発給という形を通してである。
これは、"license"である--結婚してもいいよ、という許可であって、これ自体が「結婚しましたよ」ということを意味するものではない。両当事者は、marriage licenseを持って、さらに改めて婚姻関係に入るという作業をする。
つまり、どうも、現行日本法の下では法的には(ほとんど)無視されている社会的儀式が、アメリカでは法律効果の具有のために意味を持つようである。アメリカ的な観念では、婚姻の成立が法的なワールドで完結せず、社会的なsomethingを政府がrecognizeするという構成を執っている、様子(*8)

そこらへんが気になって向こうの家族法の教科書をぱらぱらとめくってみたこともあるのだが、nativeの人にとっては当たり前のことなのか、あるいはlawyerの関心から外れるということなのかこの辺りをきちんと整理してある記述は見当たらなかった。
そうなると身を以て検証するのが一番確実なのだが、あいにく一人ではできず不可能(爆)

【More・・・】

*1 こちら↓では"Gay Marriage"としている。
Gay Marriage Advances in Maine - NYTimes.com
By ABBY GOODNOUGH and KATIE ZEZIMA
Published: May 5, 2009
http://www.nytimes.com/2009/05/06/us/06marriage.html?emc=eta1
*2 そしてその後はちゃんと勉強していない。
*3 まぁ二十歳そこそこの若造だったしな(笑)
*4 もっともバッサリと切り落とせるものでもないし、それを何とか法的ワールドに接続しようとして、調停前置とかいう話になるわけだが。
*5 まぁ間接的に「婚姻を継続し難い重大な事由」の判断材料になるかも知れないが。
*6 昭和な頃には「家庭にセックスは持ち込まないのが男の甲斐性」という考えすらあった!
*7 他方で社会関係の実体が過剰で法的様式を整えていない状態が、「内縁」として家族法上の重要な課題として長い間認識されていた。
*8 "marriage license"という形式だから、時間的には予めrecognizeしてある、ということかも知れないが。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

01:43  |  オレ辞書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/380-7b9bfed3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。