2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.03 (Sun)

No More Souter!?

Press Release - February 13, 2009
Justice David H. Souter has today sent the attached letter to the White House notifying President Barack Obama of his retirement from the Supreme Court effective when the Supreme Court rises for the summer recess this year.
http://www.supremecourtus.gov/publicinfo/press/pr_05-01-09.html
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
連邦最高裁のSouter裁判官、6月末の開廷期終了を待って隠居。
昨年の選挙で民主党が大統領を獲得し上院でも十分な多数を確保、選挙もない年だから政治的にヒートアップする必要もない、と(左のほうからの)裁判官からしたら引退するには絶好のタイミングではある。
しかしSouterから来ましたか。
Souter Said to Be Leaving Court in June - NYTimes.com
By PETER BAKER and JEFF ZELENY
Published: April 30, 2009
"He was the only justice who had not hired clerks for the fall term." http://www.nytimes.com/2009/05/01/us/01souter.html?th&emc=th
Souterのみが秋以降のlaw clerkを雇っていない=他の裁判官は雇った。
つまりStevensもGinsburgもまだまだ続行する気です(*1)


David H. Souter - Justice Unbound - NYTimes.com
By LINDA GREENHOUSE
Published: May 2, 2009
http://www.nytimes.com/2009/05/03/weekinreview/03greenhouse.html?th&emc=th
共和党ブッシュ(父)の任命とは言え、安定的にリベラルな投票行動をするようになって、保守的な共和党員からは連邦裁判官の任命に際して"no more Souter"が合い言葉になった--途中で心変わりしない、確実に保守的な裁判官を。

自分的には、特に政教分離関連の事件で厳格な分離を主張する意見を--法廷意見であれ反対意見であれ--書く例が目立っていた気がする(*2)
換言すれば、今後、政教分離関連事件は分離の曖昧な=合憲側に触れる可能性があると思う。


後任の選任、及びその後の裁判所の意見のバランスについては、以前書いたことを現時点で修正する必要を感じない。
Re: サンスティーンを最高裁に! - アメリカ法観察ノート
議会で十分な議席を獲得するということは、中道~従来の反対党支持者・選挙区を取り込むことに成功した議員を内に抱え込む、ということでもある。そうすると、“とんがった”人事は自党からの反対(までは行かなくとも抵抗)を誘発する可能性がある。……
最右翼の候補は「現時点で名前の挙がっていない人物」、というのが自分的予想
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-288.html
Souter Said to Be Leaving Court in June - NYTimes.com
"Replacing Justice Souter with a liberal would not change the basic makeup of the court, where he and three other justices hold down the left wing against a conservative caucus of four justices."
宣誓 - アメリカ法観察ノート
現在の連邦最高裁裁判官の内、近い将来(=オバマ政権の継続中)に辞める可能性が高いのは、リベラルなほうから順番に2~3人である。その後継をオバマがリベラルな人物で埋めたとしても、最高裁裁判官のイデオロギーのバランスは変わらない。
むしろ、端的に経験値も最も高く、老獪なStevensが抜けるとすれば、短期的には、リベラル側から見て票数が変わらずに票の“質”が下がることにもなる。
従って、保守ブロックの裁判官が急に健康を崩すなどの事態が発生しない限り、“順番通り”だとするとオバマ政権下の最高裁人事(仮にあったとして)によって最高裁の判断が大きく変化するということは、短中期的にはあまりないだろう、というのが自分の見立てである。
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-338.html

ただまぁpoliticalには、女性、できうればマイノリティの女性を後任に、という圧力(というか「空気」か)は強いだろうな。
In Court Pick Chatter, Focus on Women and Minorities - NYTimes.com
By CHARLIE SAVAGE
Published: May 1, 2009
http://www.nytimes.com/2009/05/02/us/02search.html?th&emc=th
Washington Prepares for Fight Over Any Nominee - NYTimes.com
By ADAM NAGOURNEY and JEFF ZELENY
Published: May 1, 2009
http://www.nytimes.com/2009/05/02/us/02court.html?th&emc=th
Hearings for Nominee Will Reflect a Reversal - NYTimes.com
By CARL HULSE
Published: May 2, 2009
http://www.nytimes.com/2009/05/03/us/politics/03repubs.html?th&emc=th
As a Professor, a Pragmatist About the Supreme Court - NYTimes.com
By JODI KANTOR
Published: May 2, 2009
http://www.nytimes.com/2009/05/03/us/politics/03obama.html?th&emc=th
News Analysis - Obama Has Chance to Select Justice With Varied Résumé - NYTimes.com
By ADAM LIPTAK
Published: May 1, 2009
http://www.nytimes.com/2009/05/02/us/02assess.html?th&emc=th
ここしばらく、専ら連邦控訴裁判所裁判官から任命されていたことに対して、オバマが別のアプローチをするか?という話。


さらにこのネタに、ペンシルバニア州選出上院議員Specterが、共和党から民主党に鞍替えしたという話題が絡む。(*3)
オバマ側がさらに有利になったという話だが。ひょっとすると、filibusterを止めることができる60議席に民主党が届くかも知れない状況。
Specterは、委員長としてRoberts、Alitoの任命手続を仕切った、司法委員会の大立て者でもある。
Specter Switches Parties; More Heft for Democrats - NYTimes.com
By CARL HULSE and ADAM NAGOURNEY
Published: April 28, 2009
http://www.nytimes.com/2009/04/29/us/politics/29specter.html?th&emc=th
Obama Welcomes Specter to the Party - NYTimes.com
By CARL HULSE and ADAM NAGOURNEY
Published: April 29, 2009
http://www.nytimes.com/2009/04/30/us/politics/30specter.html?th&emc=th

【関連】

Ginsburg入院 - アメリカ法観察ノート
宣誓 - アメリカ法観察ノート
Elena Kagan - アメリカ法観察ノート
Re: サンスティーンを最高裁に! - アメリカ法観察ノート
Roberts Courtの保守傾向 - アメリカ法観察ノート
Tribe v. Olson - アメリカ法観察ノート

【More・・・】

*1
Ginsburg入院 - アメリカ法観察ノート
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-345.html
*2 定量的に分析したわけではないから、日常的に判決を読んでいる者としての印象論に過ぎないが。
*3 さらにこれは、昨年の敗退で歴史的苦境にある共和党の側からすると、党勢盛り返しのためにより保守方面を固めるか、中間層へ軸足を修正するかという態度決定の問題とも絡む。
G.O.P. Debate - A Broader Party or a Purer One? - NYTimes.com
By ADAM NAGOURNEY and DAVID M. HERSZENHORN
Published: April 29, 2009
http://www.nytimes.com/2009/04/30/us/politics/30repubs.html?th&emc=th
Danse Macabre : Breaking News---スータ合衆国最高裁裁判官引退?
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

18:57  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/378-8b6509d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。