2017年03月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.12 (Mon)

帰路

西海岸からマディソンへ帰るのに、decentな時間帯に辿り着こうと思って便を探すと…早朝初の便に乗るしかない。というわけでLAの宿ではほんの仮眠だけ取って、6時40分の飛行機に乗る。LAX-ORDはひたすら寝ていただけ。

往路のダラスで、予約したのよりも「もっと早い便あるじゃん」ということに気付いたので、復路のORDで同様なことがないか探す…やっぱある。3時間半待ちが1時間半待ちに短縮。カウンターに出向いて交渉してみると「guaranteeはできないけどね」と言われるが手続きしてもらう。ほどなくして搭乗券本体も確保。
とここまではラッキーだったのだが、この先がダメだった。15分遅れで搭乗となったがさっぱり出発しない。相変わらず眠かったので放送は右の耳から入って左の耳から出ていく感じだったが、
機長「オレも他の人もOKだと思うんだけどね。機械がOKにならないんだ」(ォィ)
機長「機体の氷を除去作業中。ところでもっと遅いはずの便が出て行っているんだけど、あいつらはどうやったんだろう」
といった案配で、どうやら最終的な原因は重い雪にあった模様。
入口の近くの席で、タラップが接続しっぱなしだったので、シカゴのすきま風が寒いのなんの。(でも眠かったのでとにかくうたた寝たかった。)
結局、当初の便よりも遅く出発。もっとも当初の便も遅れていただろうが。


西海岸の宿が乾燥していたので「ぉゃ」と思っていたのにこのすきま風に曝されたお陰で、体調がビミョーと思いつつ、疲労困憊していたので昨日はとにかく寝る。で今日起きたら案の定、風邪気味。
オマケに明日からは、大学から注意喚起のメールが来るほどの寒気らしい。出張前に減らしていた食料の在庫を補充して冬籠もり態勢を整備する。
スポンサーサイト
23:59  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●comment

トロントからシカゴへの飛行機が、乗ったはいいけどなかなか出ないで、そのうち機体の除雪作業を始めました。
飛行機の上に人が乗って除雪しているらしく、足音と雪かきのざっざっという音が聞こえてくる機内というのを初体験。新千歳でも味わったことはありませんでした。
matimura |  2009年01月14日(水) 07:29 |  URL |  【コメント編集】

気温が高めの雪でしたから、かえって機体に張り付きやすかったのかも知れません。
トロントも小さな空港ではないと思いますが、それでも人力というのは凄いですね。
シカゴでは機械で作業していたようです。液体が流れる音がしていたので温水か不凍液をかけていたのだと思います。
IZW134 |  2009年01月15日(木) 15:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/333-4ee29b48

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。