2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.04 (Sun)

ソフトウェア特許の再生!?

特許、ソフトも保護対象に 大幅な法改正、特許庁検討 ビジネス-最新ニュース:IT-PLUS
「特許庁は特許法の大幅見直しに向けた検討に入る。「モノ」が対象だった特許の保護対象にソフトウエアなどの無形資産を追加。」
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=AS3S26044%2004012009&landing=Next
あーれーれーー??
ビジネス方法特許の終焉!? - アメリカ法観察ノート
「それと、ビジネス方法特許だけでなく、「ソフトウェア」についても言及されているのが気になる。ソフトウェアも(それだけでは)原則特許法の保護はなくなる、ってこと!?」
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-290.html
…まぁでも著作権の50年(オーバー)よりマシ!?

というかそれ以前に、「これから検討」っていうのだから特許庁の事務方が出してきた情報なわけだろうし、観測気球と受け取るのが正しいかな。「私的研究会」の先生方には外国の特許法の動向に詳しい先生も入るのだろうし。
スポンサーサイト
19:50  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こっちにとってもふってわいた話で、わからんのだよ。今だってプログラムは特許の対象となってるんだが、プログラムとソフトウェアって、違う概念でやるんかいな?
まあ、制度改正審議室(今は違う名称だったと思うが)あたりが自分の出世のために仕事作りたいだけなんじゃないかと。いつものパターン。
takabee |  2009年01月05日(月) 22:38 |  URL |  【コメント編集】

やっぱりアドバルーンですかね→
壮大なアドバルーン - 企業法務戦士の雑感 <http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20090105/1231177570>

一昔前の法学入門の教科書には(判例による(実質的)法創造を肯定する際の枕詞として)「立法の対応は遅れるから」という記述がしばしば見られましたが、昨今は役所の担当者が変わる度に手柄を求めて法改正ですからね。下の方の苦労が忍ばれます。
IZW134 |  2009年01月06日(火) 13:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/329-e9fc28e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。