2017年03月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.01 (Sat)

ビジネス方法特許の終焉!?

Techdirt: Court Greatly Limits Software And Business Method Patents
from the huge-victory-for-innovation dept
by Mike Masnick
Thu, Oct 30th 2008
"In the rehearing of the Bilski case concerning the patentability of software and business method patents, CAFC just came out with its ruling that will significantly limit software and business method patents, bringing the rules way back towards what they were years ago, and effectively rolling back some of the earlier, dreadful, CAFC decisions that opened the barn doors towards tons and tons of software and business method patents.
...[T]here's a two-pronged test to determine whether a software of business method process patent is valid: (1) it is tied to a particular machine or apparatus, or (2) it transforms a particular article into a different state or thing."
http://techdirt.com/articles/20081030/1117172691.shtml
In re Bilski, 2008 U.S. App. LEXIS 22479 (Fed. Cir., No. 2007-1130, Oct. 30, 2008)
特許法はよく勉強していないしこの判決もちゃんとは読んでいないのでちゃんとした論評はできないが、記事を信用するとすれば(*1)かなりインパクトの大きそうな判決。
要するに物理的なモノに引っ掛かっていないとダメ、ってことで、事実上ビジネス方法特許を認めなくなったということではなかろうか。

それと、ビジネス方法特許だけでなく、「ソフトウェア」についても言及されているのが気になる。ソフトウェアも(それだけでは)原則特許法の保護はなくなる、ってこと!?(*2)

もう一つ、これがCAFCの判決だってこと。
CAFCは特許権を強化する方向で判断する傾向があると指摘されている(*3)わけだが、それが今回は限定する方向で判断した。
もっとも、最近最高裁が特許権の強さにブレーキをかける方向で判断する例が散見される(*4)から、CAFCも空気を読んだのかも知れない。

【More・・・】

*1 筆者は「知財は強過ぎないほうがいい」という方向性で書いているようなので、その分は差し引かないといけない。
*2 まぁ著作権で保護されればそれでいいって言い方もあるかも知れないけどさ。
*3 で、特許の領域のみならず、他の領域、例えば競争法とかにもインパクトを及ぼしているという。
*4 See, e.g., KSR Int'l Co. v. Teleflex Inc., 127 S. Ct. 1727 (2007).
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

01:14  |  アメリカ法  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

評釈は任せたよ。
takabee |  2008年11月03日(月) 08:36 |  URL |  【コメント編集】

だから特許法は勉強してないんだってw
IZW134 |  2008年11月04日(火) 13:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/290-f18df1ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

ソフトウェア特許の再生!?

特許、ソフトも保護対象に 大幅な法改正、特許庁検討?ビジネス-最新ニュース:IT-PLUS 「特許庁は特許法の大幅見直しに向けた検討に入る。...
2009/01/16(金) 13:07:52 | アメリカ法観察ノート

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。