2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.30 (Thu)

保守からの銃規制違憲判決批判

昨2007-08開廷期の目玉判決、D.C. v. Hellerについて、判決の前も後も、
見えない自由がほしくて 銃を - アメリカ法観察ノート
「仮に今度最高裁が憲法上の権利としての銃保持をrecognizeするとすれば、保守派版のRoe v. Wade判決みたいな位置づけになるのだろう。」
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-80.html
D.C.の銃規制は違憲 - アメリカ法観察ノート
「…この予測は維持する。」
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-219.html
と書いた。

早速、保守の側から「Heller判決=Roe判決」とする発言が出てきた。
但し、予測とは違ったあり方で(汗)
Ruling on Guns Elicits Rebuke From the Right - NYTimes.com
By ADAM LIPTAK
Published: October 20, 2008
"Four months after the Supreme Court ruled that the Second Amendment protects an individual right to possess guns, its decision is under assault ― from the right.
Two prominent federal appeals court judges say that Justice Antonin Scalia’s majority opinion in the case, District of Columbia v. Heller, is illegitimate, activist, poorly reasoned and fueled by politics rather than principle...
... They said the gun ruling was a right-wing version of Roe v. Wade ..."
http://www.nytimes.com/2008/10/21/washington/21guns.html?_r=1&ei=5070&emc=eta1&oref=slogin
当ブログ・エントリでの「Heller判決=Roe判決」説というのは、「憲法上の根拠は不安定だと攻撃されるかも知れないが、守ろうとするだろう」という点に共通性を見出そうとするものだったが、ここで報告されている批判は違った。
「Roeと同様に、憲法上不安定な権利をアルと言ってしまった。何てactivistな判決だ」と。

ここで登場しているPosnerもWilkinsonも有名人。Posnerは言うに及ばず(*1)。WilkinsonはRehnquist/O'Connorの後任として取り沙汰された、保守派の信任の厚い人物でもある。

そうした彼らがHeller判決を"activist"な判決として批判するということは、「保守」とは何かという問いの試金石でもあろう。
憲法解釈方法についての、法理論的、もっと言えば政治構想的な側面を強調するのか、
あるいは、アウトプットの社会状態を重視する、social conservativeな立場を強調するのか。

【オマケ】

Appeals Courts Pushed to Right by Bush Choices - NYTimes.com
By CHARLIE SAVAGE
Published: October 28, 2008
http://www.nytimes.com/2008/10/29/us/29judges.html?ei=5070&emc=eta1
最高裁だけではなく、控訴裁判所裁判官人事も大切ですよ、と。

【関連】

Re: サンスティーンを最高裁に! - アメリカ法観察ノート
D.C.の銃規制は違憲 - アメリカ法観察ノート
米国型違憲審査制についての覚え書き - アメリカ法観察ノート
ヴォランティアの成立し得る空間 - アメリカ法観察ノート
Get Your Gun - アメリカ法観察ノート
見えない自由がほしくて 銃を - アメリカ法観察ノート
Roberts Courtの保守傾向 - アメリカ法観察ノート

【More・・・】

*1 フィラデルフィアで出ていた憲法ゼミでは、「アメリカの法律家で最もいろいろな話題でたくさん書いているのはPonserかSunsteinだが、Posnerは裁判官をやりながらというのが違う」という話が出た。もっともあまりにいろいろ書きすぎて時々変な議論が混じるのが困りものだがw
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

00:08  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/289-83cc49e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。