2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.23 (Tue)

ブログ復帰

しばらく更新をサボっていた。一時帰国中だったので生活パターンがイレギュラーだった。

明日朝のフライトで米国に戻るので、現在位置は千歳行きの汽車の中。…そう、「千歳」行き。「新千歳空港」行きの終電を逃してしまったorz 特に今日を含めて最後の数日はバタバタしていたとは言え、学習していない(汗)

アメリカでは入手困難なモノに、和書がある。
というわけで、多少補充した。

以前から気になっていたがほとんど読んでいなかったアメリカ研究者の本を手に取る。
奥付の著者紹介を見ると、現在は某大学教授だが、経歴に「○○高校教諭」とある。おや、と思ってよく見ると、自分の出身高校なんですが。というか、担任ではなかったが自分はこの人物に英語を習った気がするぞ。そういえば我々の卒業と同時に高校を辞めて短大の先生になるという噂があったが、その点も平仄が合う。
世の中狭い。

アメリカでは入手困難なモノに、和書がある。
というわけで、日本にいる間、時間を見つけてコミックスを読んでいた(笑)
『ひとひらの恋が降る』2
  • 『ひとひらの恋が降る』全3巻
  • やぶうち優(著)
  • 小学館/ちゅちゅコミックス、
作品全体を通じて20数コマしか登場しない完全脇役の円山さん、あんたスゲェよ!
この描写からすると、中高5~6年間の間、ずっと「恋人未満」(しかも親公認(笑))やってたってことだろ。
まぁ凪の側が“保険”で近くにいることを許していたってことでもあるが、それが分かっていて乗っかるほうも大したもんだ。萌えた。
こういうのって、周囲は公式見解は「二人は恋人同士」って了解で、本人たちだけが「付き合っているわけではない」と思っていたりするんだよな。
スポンサーサイト
22:21  |  札幌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/274-8c97f550

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。