2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.02 (Tue)

「政治的責任」とは何か

カメラ代わりにN903iを持ち歩いている。このブログの写真もこれで撮っている。
しかし当然電波は入らないから、iチャネルの一行ニュースサービスは未だに「安倍首相辞任」と表示している。


学部時代、憲法等の授業で「法的責任と政治的責任とは異なる。政治的責任を追求するのはともかく、法的責任を追求するのは適当ではない」云々の議論を聴いて、どこまでも喉に小骨が刺さった感が拭えなかった。
もちろん、理屈は分かる。失政の責任を取らされて(物理的な意味で)吊されるとすれば、それこそ大変なことになる(*1)

しかし、それでは「政治的責任」とは何なのか。公職を辞任すれば「政治的責任」を果たしたことになるのか。しかしそれで本当に何か痛痒を感じているのだろうか。単に職務を放棄しただけで、何らのダメージも受けていないのではないか。その政策の影響を受ける人民がどんなダメージを受けていても。

ゲーム論の知見に従えば、あるアクターの行動が信頼可能となるのは、協力行動を選択することが当人の利得となること(逆に言えば協力行動を選択しないことが当人の利得に反すること)、と、その情報が共有されていることである。
「政治不信」が言われて久しいが、「政治的責任」とやらが内実の空虚なものである限り、政治を信頼できようはずもない。(*2)(*3)
東浩紀の渦状言論: ぽかーん……
「…この状況を前にいったい何を考えて何を言えばいいのか。また、言ったから何が変わるのか。こういう事態が繰り返されるから、みんな政治なんてどうでもいいと思うようになるんじゃないですかね。」
http://www.hirokiazuma.com/archives/000445.html

【関連】

大統領選挙:若者の政治参加 - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する

【More・・・】

*1 しかも、本当に「失政」かどうかは短期的には分からないかも知れない。
*2 「サヨク」不信も基本的には同じ構造である。参照→で、誰をひっぱたくのか - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
*3 「小泉旋風」が巻き起こったのも、彼が個人的stakeを賭けている、と、有権者が受け取ったからである、と位置付ければ、何ら異常な状況ではなく全く正常な政治過程であったと理解できる。もちろん、これは認識(perception)の問題であって、本当に彼が個人的stakeを賭けていたか、というのとは別問題ではある。逆の状況もあろう。即ち、個人的stakeを賭けて(例えばボランティア活動に熱心に取り組んで)いるにもかかわらず、主張を信用してもらえない“サヨク”活動家、とか。
スポンサーサイト

テーマ : 福田首相辞任 - ジャンル : 政治・経済

01:53  |  日本社会  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●政治的責任とは?

初めて投稿します。あちこちのブログを覗いていた時に偶然貴ブログ知り、拝読しています。
安倍首相や福田首相の辞任に対し、『無責任』と非難する論調を、マスメディアは無論のこと、ブログでも散見します。では、責任ある辞め方とは、どのような辞め方を想定しているのかの記載はありません。
「『政治的責任』とは何か」で、「公職を辞任すれば『政治的責任』を果たしたことになるのか。しかしそれで本当に何か痛痒を感じているのだろうか。・・・」と記述されています。貴方の考える『政治的責任』とはどの様なものなのか、説明願えれば幸いです。
首相としての福田さんを、評価している譯ではありませんが、参院の多数を占めた民主党が、自分たちの主張に同意する場合を除き何でも反対を党是とした状態で、何をどうしろと、『無責任』『政治的責任』を主張される方々は仰しゃるのでしょうか。
『政治的責任』とは、市町村議員を含めた、議員全員に適用されるべきものではないか、と考えますが、そうなると、当然のことながら、果たすべき義務、行使できる権限もあるはずで、それらが明文化されていないと問えないと考えます。調べたことはありませんが、そこまで彼等の活動が規定されているのでしょうか。
chengguang |  2008年09月05日(金) 13:27 |  URL |  【コメント編集】

●いらっしゃいませ

詰め切れていないままエントリを書きましたので痛いところを突かれていますが、若干敷衍します。

本エントリのステイタスについて2点留保すると:
第一に、福田総理辞任の辞任について直接に論評するものではなく、その報に接することで改めて思い起こさせられた日本政治の構造ないし政治文化に対する私自身の内部にある違和感(やや大げさに言えば問題意識)を言挙げしたものです。

第二に、従って一市民としての政治的見解の表明に留まるものであり、学問的な裏付けはありません。もっとも、そのような違和感を研ぎ澄ますことで(いずれ大化けして)建設的な提言につながればいいかも、程度の認識はあって(沈黙ではなく)ブログには書いているわけですが、直接にそれを狙ったものではなく、道のりも遠い。「『政治的責任』とは何か」は言い過ぎで、「『政治的責任』とは何だろう」くらいがちょうどいいかも知れません。


その上で本エントリの趣旨は、
政策決定者(の地位にある者)Pが、政策Aを実行しようがしまいが自ら有するstakeに影響はないという事態を「『政治的責任』の内実の空虚さ」として把握し、
そうだとすれば、Pの「Aを行います」という言明は〈信頼できるコミットメント〉とはならない、国民はこれを信頼しようがない;
さらにこれをより一般化し、「政策パッケージの主宰する地位を与える」という公職Xについても、Pがこれを保持しようが放棄しようがPのstakeに何ら影響を及ぼさないとすれば、
Pの「善政を行うのでXを委ねて下さい」という言明も信頼する根拠がない。
(東氏を引いたのも、こうした認識を共有しているのではないかという趣旨です。)

#この辺りの構造は官僚批判論も同様であると思います。もっとも、インサイダーからは異論もあるかも知れません。


要するに、何も〈賭け〉ていない人を信頼することはできない。
信頼を取り戻そうとすれば、政治家は失敗すれば失う何かを〈賭け〉る必要があるのではないか、と。
伝統的に「政治的責任」(=〈掛け金〉)としては「公職を失うこと」それ自体と想定されていたと了解しますが、それが機能していないのではないか。確かに「スキャンダル渦中のベテラン議員が~」などという話もありますが、むしろ例外的事例に留まり、政治的決断を実質的に行えるレベルの政治家がdisastrousな政策判断ミスをしても、(実質的)影響力を保持したまま居座ることはままある。
昔は、政治家が生涯を閉じる頃には井戸と塀しか残らないという意味で「井戸塀政治家」という言葉がありましたが、今ではほとんど死語です。


では何を「賭けよ」と問うかですが、

> 『政治的責任』とは、市町村議員を含めた、議員全員に適用されるべきものではないか
> 果たすべき義務、行使できる権限もあるはずで、それらが明文化されていないと問えない
> そこまで彼等の活動が規定されているのでしょうか。

(「明文化」「規定」と言葉遣いから推察して、)ここではむしろ法的責任を想定しているように思われます。
また、「責任」というのも刑事的なものをイメージされているのではないでしょうか。
「失政の責任を執って刑務所へ。その要件は予め法定されている」というような。

私もそのような構想は採りませんし、歴史に照らしたそうしたあり方の危険性はエントリでも言及しています。

むしろ、何を〈賭け〉るかは当の政治家自身が設定すればよいだろう、と考えます。「政策Aを実行します。そのために私はSを〈賭け〉ました」と。この言明が信頼できるか--Sが彼をしてこの言明にコミットさせるほど十分であるかは、有権者が判断すればよい。

エントリ*3で小泉旋風を挙げたのも、彼が「郵政民営化に〈賭け〉ていた」(という外観の作出に成功した)ことが、有権者の支持を獲得した原因であろう、との趣旨です。

さらに(妄想レベルですが)例えば:
大臣に就任した時点で私財を全て日経平均株価やTOPIXのインデックスファンドに突っ込んだ政治家は、(少なくとも株価に現れるという側面の)日本経済のパフォーマンスをよくしよう、という覚悟を見て取れるでしょう。

あるいは(どうせ在任期間中の生活は保障されているのだし)首相の俸給は在任期間中は全て供託して、辞任時に世論調査に基づいて「ふさわしい額」を支払い、後は寄付、といったイメージは膨らみます。


以上がエントリ自体の敷衍ですが、それとは別に
> 自分たちの主張に同意する場合を除き何でも反対を党是とした状態
この点が日本政治においてある種の病理である、という点には同意します。党派的戦略的行動が党議拘束の強さと相俟って建設的な政策提言・実行の障害となっているという認識は私も持っています。

「代替選択肢はなかった以上、福田総理に辞任以外の選択肢はなかったし、そうだとすれば『無責任』と言っても始まらない」というご主旨かと思いますが、それはその通りかも知れません。
その上で本エントリのアイディアの観点からは、彼にコミットメントがあればもうちょっと「じたばた」したのではないか、といった所見になるかと思います。
IZW134 |  2008年09月06日(土) 09:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/267-9a831685

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。