2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.18 (Fri)

法学徒の守備範囲

フーコー講義録をここまでもってきて読む - インタラクティヴ読書ノート別館の別館
「学問として、そして近代人の基礎教養としての西洋政治思想史にはれっきとした「本流」というものがあって、そこにはボダン、マキアヴェッリ、ホッブズ、ロックといった名前が大きく刻み込まれていて、中心的なテーマはまずはいわゆる「宗教改革」以降の「絶対主義」とともにやってきた「主権国家」であり、その主旋律に対する最も重要な変奏として「自然状態」による「契約説」というやつが絡む。そしてそれら全体を支配する通奏低音は結局のところ「法」である。…
何が言いたいかというと、西洋政治思想史において、「人種」「民族」あるいは「階級」といった、何と言ったらよいのか、生身の人間たちの形成する社会的な集団の問題は、あくまで「傍流」としてのみ扱われてきたのではないか…」
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20080718/p2
ああ、そうか。だから自分はナショナリズムの問題系とかにさっぱり食指が動かないのだな。
やはりどこまでも法学徒なのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 法律全般 - ジャンル : 政治・経済

01:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/235-09174ab0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。