2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.13 (Sun)

芸術活動と政治:植民地インドの場合

暑さからの今週の避難先フィラデルフィア美術館
や、書かなきゃいけない原稿があることは分かっているのですが…だからこそ首が回らなくなる前に行っておきたいというか…金曜日のリベンジというか…(汗)

何だかぞろぞろ人が固まって移動しているからガイド付きツアーかと思ったら、一旦出ろとの警備員の指示。アラームが鳴ったとか。
でも反対側のwingは規制なし。

何の予備知識もなしに観たのだが、20世紀前半のインドの画家Nandalal Boseの特別展が面白かった。
1883年生まれで本格的に活動を開始したのが20世紀初頭。イギリスによる植民地支配下のインドで、絵画を含む伝統的な文化が衰退しているとして復興運動に携わり、その代表的な芸術家となり、後進の育成にも力を入れた。

画題はヒンドゥー教の神話や自然の生き物が多い。西洋式リアリズムへの対抗としてのspiritualityを強調したとのことだが、特に後者の画題についてはむしろ写実的との印象も受けた。これを「リアリズム」との対抗に位置付けるというのは、analytical/anatomicalな態度に対する、東洋思想的holisticなアプローチ、ということか。

手法の開拓に当たっては東アジア、特に日本の美術の影響も受けたとされており、特に晩年は"Sumi-e period"として知られるとのこと。それ以前の作品も素人目に観て、水墨画のみならず浮世絵その他日本画の影響が感じられた。
インドの独立運動には日本からの関与も指摘されるが、それと関係あるのだろうか?

タゴールやガンディーとも親交があったということで、「過度に政治的にならないようにしつつ」ガンディーの思想の普及にも寄与したとのこと。
スポンサーサイト
23:45  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/232-c6d78b76

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。