2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.01 (Tue)

儀礼的関心?

(都市)社会学に「儀礼的無関心」という概念がある。
儀礼的無関心とは - はてなダイアリー
知らない人に、あえて、もしくは、いつの間にか、儀礼的に無関心を呈示をする/している現象のことを指す。見知らぬ他人同士のあいだで、不要な関わりが生じるのを避けるための暗黙のルール。
そこで行われることは、相手をちらっと見ることは見るが、その時の表情は相手の存在を認識したことを(そして認識したことをはっきりと認めたことを)表す程度にとどめるのが普通である。そして、次の瞬間にすぐに視線をそらし、相手に対して特別の好奇心や特別の意図がないことを示す。
(E.ゴフマン『集まりの構造』丸木恵祐・本名信行訳/誠信書房/1963=1980:p.14/asin:4414518040)
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%B7%CE%E9%C5%AA%CC%B5%B4%D8%BF%B4
この考え方自体は--自らの行動に鑑みても--腑に落ちるのだが;
そして以下の現象自体は比較文化や海外マナーブックでよく指摘されている事項だが;
アメリカの社会の中に身を置いていると「本当か?」と思うこともある。
というのも当地では、見知らぬ他人と(も)目が合うと、前記ゴフマンの引用にあるように視線を逸らす前に、ニコリとスマイルする。それから、視線を逸らす。
日常的に。例えば、廊下ですれ違う際に。エレベーターに乗り込む際に。

そこにあるのを、単なる「無関心」としては把握しきれないように思う。
むしろ、スマイルすることで形式的な友好関係をアピールするという、「儀礼的関心」とでもいうべき現象があるのではないか。

…そこから先は社会学者さんよろしく。
「承認」はどのようにして得られるのか? - Thirのはてな日記
「我々は欧米人が行っているような、激しい承認の「型」を持っていない。…相手を褒めることや、逆に褒められることに慣れていない。つまり承認応答の型を持っていないのである。自分の存在がそこで承認されていること、コミュニティ内で承認を受けていることが、存在していても自覚できないのである。自分が他者の存在を承認していたり尊敬の念を持っていたりしても、その観念を表現として相手に表すことができないのが問題なのではないか」
http://d.hatena.ne.jp/thir/20080629/p1
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

01:57  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/222-68986f22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。