2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.23 (Mon)

固有名詞の英語読み

先の「ワルソー=ワルシャワ」からの絡みで。

最近の中等教育では、(中国語圏を除く)海外の固有名詞は現地読みで統一されているのだろうか。
自分の頃はちょうど移行期で、「プトレマイオス(トレミー)」とか「カエサル(シーザー)」とかいう案配だった。でも「アリストテレス」は「(アルストートル)」ではなかったな。
高校の世界史の教科書が厄介で、西洋の中世以降の人名を英語読みで統一していた。その代わりに巻末に対照表が載っていて「チャールズ=シャルル=カール=カルロス」とか無駄に覚えたのだが、でも「エカテリーナ2世」を「キャサリン2世」はないだろう、と思った。

英語で遣り取りするとなると逆に現地読みで覚えている知識を英語読みにする必要があって面倒なのだが、前記の通り自分は端境期の教育を受けているから何とか対応できる。完全に現地読みオンリーになったら英単語として一から覚え直さなければならないのだろう。
特に困るのが中国語系統の語で、こちらの頭の中には漢字の日本語読みで入っているのだが、英語では基本的に中国語読み。当の中国人と英語で話すときもなかなか単語が出てこなくて困るのだが、諦めて筆談に切り替えることも。
スポンサーサイト

テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

01:54  |  オレ辞書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/218-246bd9e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。