2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.07 (Sat)

『電脳コイル』を観て『メガゾーン23』を連想したのは自分だけだろうか

先週の朝日新聞で『ガンスリ』(*1)が紹介されて、一部で話題になった模様。
朝日新聞の書評で「ガンスリンガー・ガール」が問題作だと紹介される - [ 悠 々 日 記 ]
http://d.hatena.ne.jp/YUYUKOALA/20080529/GunslingerGirl_asahi
Something Orangeさん経由で紙屋研究所の『ガンスリ』評に触れる。というか、これは既に読んでいたや。本(*2)で。
相田裕『GUNSLINGER GIRL』
「任務(テロリストの暴力的絶滅)の性格はまったく問われることなく…」
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/GUNSLINGER.html
確かに、『ガンスリ』では“敵役”の「テロリスト」は無貌だ。(*3)
だが、「カウンターテロリズム」のモチーフに引っ掛かり過ぎているのでは、と思ったことも思い出した。
別に『ガンスリ』の基本モチーフはテロや暴力を使わなくても描けるだろう?(*4) 「フラテッロ」らが共通に取り組むミッション--できれば危険に曝される種類の--さえ設定すればよい。例えば宇宙開発なんてどうだ。
あるいは左翼な方にも文句のつけようのない設定…そうだなぁ、介護現場とか。

と連想したところで気付いた。
なんだ、もうあるや。
それって『愛人[AI-REN]』(*5)じゃん(*6)
『GUNSLINGER GIRLl』は純愛か鬼畜か。 - Something Orange
「しかし、その「愛」すらも単なる洗脳の結果に過ぎないとしたら?」
http://d.hatena.ne.jp/kaien/20080531/p1

ネット書店からのダイレクトメールで、桐野夏生の新刊『東京島』(*7)が宣伝されていた。
メールから引用するのはたぶんマズイので、新潮社のサイトから。
無人島に漂着した
31人の男と
1人の女
…それなんて『ネギま』!?(*8)

【More・・・】

*1
『GUNSLINGER GIRL』
  • 『GUNSLINGER GIRL』1~9巻以下続刊
  • 相田裕(著)
  • メディアワークス、2002年~
  • ISBN=9784840222372
*2
『オタクコミュニスト超絶マンガ評論』
  • 『オタクコミュニスト超絶マンガ評論』
  • 紙屋高雪(著)
  • 築地書館、2007年
  • ISBN=9784806713562
*3 ビアンカ、ビアンコ、ピノッキオという重大な例外は別にして。
*4 あるいはにもかかわらず「テロリズム」というモチーフを選択したことを問題とするか。というか、下敷きは『ニキータ』『レオン』だよね。
*5
『愛人[AI-REN]』
  • 『愛人[AI-REN]』全5巻
  • 田中ユタカ(著)
  • 白泉社、1999~2004年
  • ISBN=9784592133513
*6 『ガンスリ』と『愛人[AI-REN]』の類似性に気付いた後で、ではそこで問題となっている「愛」って何だ?という問いを立てることができて、たぶんウィトゲンシュタインとか「中国語の部屋」とかを道具立てに使って考えていくのだろうけれども、今日はやめ。というか自分の手に負えるかも怪しいし。
*7
『東京島』
  • 『東京島』
  • 桐野夏生(著)
  • 新潮社、2008年
  • ISBN=9784104667024
*8
『魔法先生ネギま!』
  • 『魔法先生ネギま!』1~22巻以下続刊
  • 赤松健(著)
  • 講談社、2003年~
  • ISBN=9784063632682
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

00:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/207-3d129694

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。