2017年03月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.26 (Mon)

連邦最高裁2007-08年度開廷期の中間評価

今期のロバーツ・コートの安定ぶりにはLinda Greenhouseも気になっていたらしい。
Supreme Court Memo - At Supreme Court, 5-to-4 Rulings Fade, but Why? - NYTimes.com
By LINDA GREENHOUSE
Published: May 23, 2008
http://www.nytimes.com/2008/05/23/us/23memo.html?ex=1212292800&en=4d1f0ff83042cf57&ei=5070&emc=eta1
メジャーな事件も含めて5:4の判決が減っていることについての分析。

彼女の見立て:
・主要判決では事案の事実に即した射程の狭い判示にすることで、リベラル・ブロックの裁判官も加わった形で政府側勝訴の安定的な法廷意見が構成されている。
←(私見)これは以前自分も指摘した見立て。

・昨開廷期に保守ブロックが色を出しすぎて批判されているので、その反動。
  特に、Ledbetter判決に対する批判
←しかし法廷外からの批判によって対応を変えるというのは保守ブロックの裁判官の思想からは遠いはず。

・選挙の年だから、"the justices 'probably don't want to provoke controversy, or become an issue, during the election"
←それならば第2修正の事件なんて採り上げるかぁ?(笑)

【関連】

社会のID:[OL] - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
死刑:lethal injection - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
見えない自由がほしくて 銃を - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
Ledbetter - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
Roberts Courtの保守傾向 - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
Tribe v. Olson - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

01:05  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/198-ee1be963

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。