2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.13 (Tue)

市民権の証明

今回ではなく以前の長期滞在の際だが;
近所のドラッグストアへ入ったら、確か初老のおじさんだったと記憶するのだが、「ここで有権者登録していきなさい」と言われた。有権者登録というのは、まぁ、そんなところでもやっているわけである。(*1)
"I'm not an American citizen."
"Oh, OK, welcome to Chicago!"
Voter ID Battle Shifts to Proof of Citizenship - New York Times
By IAN URBINA
Published: May 12, 2008
http://www.nytimes.com/2008/05/12/us/politics/12vote.html?_r=1&th&emc=th&oref=slogin
インディアナのID法に対し合憲判断が下ったということで;

今度はミズーリで、有権者登録の際に米国籍の証明を求める憲法修正が提案されているとのこと。
もちろん市民権なき者の投票を防ぐためだが、普通のID以上に要求される文書が限定されることから、投票権を有する者が事実上投票できなくなる虞はさらに大きい、と反対側は批判。

ミズーリのID法は州最高裁で違憲判断されたので、憲法修正でいくことになったとのこと。この判決というのは
Weinschenk v. State, 203 S.W.3d 201 (Mo. 2006)
かな。(*2)

他の州でも同様のmeasureは検討されているようだが、この秋の選挙に影響を及ぼし得るのはミズーリのみ。しかも、ミズーリの政治情勢は大統領選挙全体を左右し得る状況にあるので、重要性はさらに大、とのこと。

もっともこれから憲法修正が提案されて住民投票にかけられるのだから、その結果次第ではある。
しかし、移民に対してはここのところ風当たりが強いこともあり、どちらに転んでも一騒ぎあるかも知れない。

【関連】

社会のID:[OL] - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
ギブ・ミー・選挙権 - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する

【More・・・】

*1 というか、この時点で注を付したほうがいいかも知れない。気が付いたら選挙人名簿に登載されていて、選挙があると自動的にハガキが送られてくる日本と違い、アメリカでは自ら有権者登録を行わなければならない。日本で投票率の低さが問題になることがあるが、このようなシステムであることから、投票可能な人口を分母にすればアメリカのほうがよっぽど低い。逆に候補者からすれば有権者登録の呼び掛けは選挙活動の重要な一部である。
Already, Obama and McCain Map Fall Strategies - New York Times
By ADAM NAGOURNEY and JEFF ZELENY
Published: May 11, 2008
"Mr. Obama’s campaign is firing up voter-registration efforts and sending troops to Ohio and Pennsylvania ..."
http://www.nytimes.com/2008/05/11/us/politics/11strategy.html?ex=1211169600&en=e789715347b81e00&ei=5070&emc=eta1
*2 中身は読んでないです。。。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

00:15  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/187-cb7c5549

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。