2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.03 (Sat)

死刑:モラトリアム終了

死刑:lethal injection - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
「昨年秋よりアメリカは事実上の死刑執行停止状態に合ったが、連邦最高裁の結論は7対2で合憲判断。これにより執行停止も解除される見通し。」
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-169.html
というわけで続報。実際に執行の予定が具体化しつつありますよ、と。
After Hiatus, States Set Wave of Executions - New York Times
By RALPH BLUMENTHAL
Published: May 3, 2008
http://www.nytimes.com/2008/05/03/us/03execute.html?_r=1&th&emc=th&oref=slogin
この記事の後半は執行予定が具体化した死刑囚とその犯罪を短く並べているのだが、目を引いたのが
"South Dakota ... set a week's window of Oct. 7-13 for the execution of Briley Piper, 25. He pleaded guilty to the torture murder of Chester Allan Pogue, 19, who was forced to drink hydrochloric acid and then stabbed and bludgeoned to death in 2000."
現在25歳で2000年の犯行ということだと、単純計算では犯行時(25-(2008-2000)=)17歳ということになるが、18歳未満に対する死刑執行はRoper判決により違憲(*1)だから、誕生日の関係で当時18歳だったのだろう。

補:
"Mr. Smith, the oldest death row inmate ...
Asked if the prospect of an end to his confinement came as any relief, he said, "In a way it does."
"Death is death," Mr. Smith said. "If they stick a needle in your arm or shoot you in the head, it's cruel and inhuman punishment, taking a human life."
Yet, he said, "a life sentence is a whole lot worse ― it's torture."

【関連】

死刑:lethal injection - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
第8修正シンポ - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する

【More・・・】

*1 Roper v. Simmons, 543 U.S. 551 (2005).
スポンサーサイト
18:46  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/178-dfd868e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。