2017年03月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.06 (Sun)

はるのいちにち

久々にフィラデルフィア美術館へ行く。
特に目的もなく、館内を彷徨う。

近世の陶磁器の展示の解説:
「オランダ東インド会社は中国(や日本)との陶磁器の貿易で大きな利益を上げた…デザインや意匠については西洋から持ち込み、中国で生産した製品を…」
って、今と変わらないじゃん(笑)
グローバリゼーション。

現代美術のコーナーで、紙製(?)のチョウをたくさんコラージュ風に集めた作品が目を引いた。
個々のチョウはどうってことないのだが、部屋一杯に広がるとかなりの圧迫感がある。
まだ新しい展示のようで、というか未完で作業中のようだった。作品の年代も「2008年」になっていたし。
写真も撮ったが著作権的にマズイと思われるので載せない。(すみっこのチョウ1頭くらいならフェアユースでセーフな気もするが、念のため。)フィラデルフィアを訪れの際はご覧あれ。

フィラデルフィア美術館前の枝垂桜
フィラデルフィア美術館前のしだれ桜。
天気がイマイチよくないので桜が映えない。他方で天気のいい日はカメラ(と言っても日本から持っていったN903iなのだが)を持っていないか電池が切れている。もう散り始めているのだが。

【関連】

フィラデルフィア美術館・ルノワール展 - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
スポンサーサイト
23:54  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/160-6fe9c380

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。