2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.05 (Sat)

アメリカにおける軍事組織の(原)イメージ

木曜の憲法理論ゼミ、先週・今週とassignmentはAkhil Amar "The Bill of Rights"(*1)だった。
現在の関心で読んでいると、本筋と関係ないところに引っかかってしまう。


第2・第3修正の絡みで、建国期の人々にとって"militia"と"army"とが対照的なものとして把握され、前者が称揚され後者が封じ込めの対象とされているのに引っかかった。
militia army
武器を帯びうる全ての市民(*2)
(←→パートタイムのセミプロ兵士は"select militia")
∴"the militia"≒"the people"
(外国人*3)傭兵
徴募・組織・訓練は州政府
(但し、完全な武装解除は×)
徴募・組織・訓練は連邦政府
一時的動員 フルタイム
→地元の同郷者からなる部隊に配属;所属するコミュニティの同輩とともに軍役に就く
地元の名士が指揮
→市民社会/文明社会/文民の社会(civil(ized/ian) society)と結び付きが薄い
→市民社会/文明社会/文民の社会における行為規範を思い出させる
∴略奪や暴行が起こりにくい
内部化された文民統制
恐怖・警戒の対象
軍事組織外の社会的・経済的・政治的関係が軍事生活の過酷さを緩和 待遇は上官次第
「規律」
社会におけるpopular valueの保持
(→第一義的には連邦政府、二次的には州政府に対する抵抗権の具体化)
→政府への追従

日本人は"army"としての米軍にしか出会ったことがないから、こういう対抗関係は見落としがち。アメリカ人にとっても"army"は胡散臭いものとして把握されていた、と。
いや、アメリカにおける常備軍への警戒についてはあちこちで読んだ記憶があるのだが、民兵については「そのかわり」という感じで記述されているパターンが多いかと(*4)。そうではなくて、民兵こそがプライマリーであったと。

もっとも同書Part IIにおいては、南北戦争を通じた"army"の地位の逆転が議論されるわけだが。
(南部反乱諸州を鎮圧し、そこの被抑圧者(=奴隷)を解放した北軍=合衆国軍。)


他方で、政治的参加と軍事的参加との牽連関係も歴史上、継続的に認められて
  • 建国期、アメリカのために戦った民兵は、財産要件にかかわらず、憲法批准の投票を認められた
  • (いくつかの州が認めていた)投票権を持つ外国人は、南北戦争で徴兵の対象となった
  • 南北戦争において、黒人が北軍の兵として戦闘に参加したことは、第13修正、第15修正の採択にプラスに働いた
  • 第14修正2項の「21歳以上の男性」というのは、民兵一般(general militia)の範囲とほぼ一致する
  • 女性参政権(第19修正)の採択にあたっては、第1次世界大戦における女性の貢献(*5)が影響した
  • 第26修正が投票権を18歳以上に拡張したのは、ベトナム戦争時の徴兵年齢とのギャップを埋めるため

【関連】

Get Your Gun - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
見えない自由がほしくて 銃を - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する

【More・・・】

*1
『The Bill of Rights』
  • 『The Bill of Rights: Creation and Reconstruction』
  • by Akhil Reed Amar
  • Yale Univ. Pr.、1998年
  • ISBN=9780300082777
*2 サムライの帯刀デスカ(笑)
*3 当時のアメリカのコンテクストでは、アメリカの外から来た人間--特にヨーロッパ人--ということを意味する。
*4 このこと自体、特に日本人のアメリカ研究者にとって、まずは"army"としてのアメリカの軍事組織が目に入る、ということを示しているのではないかと。
*5 女性兵士は前線にはいなかったが、後方には参加していたのでしたか。直接、軍役についていなくとも、アメリカにおいても生産部門等への動員は確かあったと思う。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

21:48  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/159-8af8cb5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。