2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.24 (Mon)

M教授とランチ

とある日本人LL.M.の方から、授業で希望する学生数名ずつと教授がランチを食べるという企画があるのだけれども、来ないか、と誘われた。その方の希望日が一人だけになってしまったらしい。確かに外国人の先生と(というかこの場合こちらが外国人なわけだが)サシでご飯を食べるのは慣れるまではしんどい。というわけで乱入的にお邪魔してきた。

インフォーマルにお喋りしながらお昼を食べるということで、日本の法学教育改革と研修所の生活とか、ロースクールの授業の国際化とか(「あまり国際的なことは研究していないのだけれども、LL.M.の学生から教えてもらっている」みたいなことを言っていた)といった話題が出た。法学教育の話に関連して、アカデミックの養成はどうなっているんだととか、アメリカでもロースクールを短縮してpractical trainingを導入しようという話もあるとかいうところから、その教授はYaleの出身なのだが、「Yaleでは具体的な法ルールは教えていないけれども、採用にやって来るlaw firmもそのことは分かっている。何年か特定の法分野で働かせて知識を付けさせれば物凄く優秀になるから、採用に来る」という趣旨のことを言っていたのが印象に残った。


授業の受講者から希望者を募って、少人数でランチを食べながらざっくばらんに話をする、というのは自分がLL.M.をやっていたときもあって、そういうカルチャーは日本にはないなぁと一瞬思ったのだが、よく考えたらゼミ・コンパなどはそういう性質のものだった。(*1)こういうところでも、夜の付き合いになるのが日本社会(笑)

【More・・・】

*1 ただ、大教室の講義で受講者と教員が、というのはあまりない。
スポンサーサイト
23:10  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/148-c6a75b44

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。