2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.14 (Fri)

アニメによる地域振興

北日本新聞社 富山のニュース
アニメ「true tears」舞台でファン交流 南砺・城端駅にノート
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20080313/10685.html
富山県議がアニメ「true tears」の県内放映に向けて尽力、放映実現へ - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080314_true_tears/
シアワセの素
城端が舞台のアニメ 高い評価
http://shiawasenomoto.blog.nanto-e.com/detail-22010.html
1月クールの(深夜)アニメ「true tears」が高い評価を受けているということで、富山の地元にはファンが訪れ、地元側も来訪者を歓迎している様子。
1月クールということで当然観ているわけがないし、原作も知らない。ギャルゲー?…らしい。18禁ではないようだし、原作とアニメの関連も薄いとのことだが。

アニメの影響で来訪者が増えたことをきっかけに地域興しというと、「らき☆すた」-埼玉県鷲宮町の件が記憶に新しい。恐らく地元自治体の担当者も研究しているのではないか(*1)
しかしアニメと特定するから目新しく感じるだけで、同様の現象自体は映画やTVドラマ(*2)ではよく見られる現象だし、それを期待して自治体が映画等のロケを誘致するというのもよく聞く話。

アニメの影響で人が集まることがネガティヴに評価されなくなったとすれば(*3)、文芸作品一般の一種として評価の対象とすべきだという持論の私からすると結構なことだということになる。
しかしそれも作品次第で、例えばアニメ作品のほうにはそういう描写が含まれていないとしても、原作が18禁だったらどうか、とか(今回は違うわけだが)(*4)。「らき☆すた」の場合もまったり系4コママンガを原作にアニメもその延長で制作されたから一般人も安心してミコシとして担げたわけだけれども、これが痴情のもつれからノコギリとナイフを握り締めたバトルが繰り広げられるような作品では絶対無理なわけで、まずはここにハードルがある。(*5)

他方、映画やドラマの場合であれば単にロケしてもらえばいいだけなのに対して、、アニメの舞台になるのは難しい。特に原作付き作品の場合だと、原作で舞台として取り上げられてから、アニメ化の題材とされるまでの距離が遠い(*6)(*7)
さらにそれがアニメ作品として話題を呼ぶヒット作となるかとなると、丁寧に制作されていることは前提条件とした上で、幅広い視聴者にツボる何らかの要素を持っている必要がある。これはかなり偶然と運に左右される。

というわけで、鷲宮町や富山県のように既にヒットした作品の僥倖にあやかれるならばともかく、そうでない場合に「アニメで町興し」というのは至難の業となりそうだ。


もっとも、地元自治体ができることは皆無ではない。「true tears」の場合、制作会社が富山にあることから舞台として取材されたという要素があるようで、かようにアニメ制作会社を地元に誘致するというのは(雇用創出という面も含めて)意味のあることだろう(*8)

あとはもちろん、街自体が個性的だから舞台として選ばれる(*9)ということはあるだろうが、こういう場合は放っておいても観光客は集まりそう。(*10)

【More・・・】

*1 逆にこのネットですぐに情報が入手できる時代に研究していないとすれば目が節穴。
*2 特にNHKの朝ドラや大河ドラマは人気。
*3 しかしもっと意地悪な解釈は可能で、本当はあまり歓迎したくないのだが、地元の活力があまりに足りないので何でもいいから人が来てほしい、というシナリオもあり得る。
*4 一時期ほどではないとは言え、深夜アニメの原作にギャルゲーは多いわけだし。
*5 「Kanon」辺りが境界事例かな…境界のどちら側に落っこちるかは分からないけど(汗)
*6 もちろんコアな原作ファンであれば、アニメ化前から聖地巡礼を果たす者も少なくないだろう。が、アニメ化されてより広い層にアピールするほどではない。
*7 しかし逆に考えれば、地元を舞台にしたマンガ等が全国区でブレイクしそうな様子であれば、注意を払っておくに越したことはない。特にそのようなマンガは、漫画家も地元住民だろう。
*8 京アニが典型だが、東京以外のアニメ制作会社が目立つ気がする。デジタル化の進展で東京に必ずしも位置する必要がなくなったのか?現場のことは分からないが。P.A. WORKSも東京に支社はあるとのことだし。ただ、京アニは地方に位置することで、ほとんどの(全ての?)スタッフが物理的に集中する形で作業が行われることから、あの緻密な演出を可能にしているともされるから、そういう意味での地方だからこその強さもあるのかも知れない。
*9 「かみちゅ」の尾道、「ノエイン」の函館、「BLOOD+」の沖縄とかが印象的だったな。
*10 脊髄反射で書き始めたエントリなのになんでこんなに長くなっているんだ?(汗)
スポンサーサイト

テーマ : true tears - ジャンル : アニメ・コミック

20:54  |  日本社会  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ようやくIZW134らしいエントリが読めましたよ。らき☆すたにあやかっているのは鷲宮だけじゃなく幸手市もそうだね。というか幸手市のHPはひどいよ。ここまでするか的な・・・
これからは、大河ドラマのそれのようにアニメの誘致が始まるかも知れぬ。だったら、HKID大の広報としても考えねばなあ。その文脈では、「動物のお医者さん」ドラマ化のとき誘致の動きがまったくなかったのはいただけぬ。
takabee |  2008年03月16日(日) 13:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://izw134.blog74.fc2.com/tb.php/135-c9c45ca7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。