2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.30 (Sun)

Challenging Settlement Proposal for Google Book Search Litigation

Lawyer and Author Objects to Google Book Deal - NYTimes.com
By MIGUEL HELFT and MOTOKO RICH
Published: August 18, 2009
"Unlike most previous objections to the project, which focused on policy issues and recommended modifications to the settlement, Mr. Gant argues that the agreement, which gives Google commercial rights to millions of books without having to negotiate for them individually, amounts to an abuse of the class-action process...
Legal experts, who had not seen the filing but heard a description of it, said it could be the most direct attack on the agreement so far." http://www.nytimes.com/2009/08/19/technology/internet/19google.html?th&emc=th
Google Book Search訴訟の和解には、クラス・アクションの利用の仕方としてどうよ、というのは以前書いたのだが、しかしその割りには米国内からの反対論が専ら独禁法上の問題に集中していたので、「外したかな?」と思っていたのだが;
自分が引っ掛かったポイントに、大手事務所の有名な弁護士が釣られて(?)くれたということで、ちょっとほっと一息(^^;

…や、brief本体はまだ読んでないけど、ヒマな時に分析してみよう…問題は「ヒマな時」があるかだがorz

【関連】

Google Book訴訟和解案の基礎 - アメリカ法観察ノート
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

21:44  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.30 (Sun)

「   」の終わり

「」内には何か適当に入れて下さい <タイトル

早くも8月も終わり。期待していたほど夏休みに入る前に積み上げた仕事が片付かなかった…orz デバナを挫かれるとその後もスムーズに進みませんね。夏風邪も引くし(*1)予告していた連邦最高裁判決のレビュー・エントリも書けていないし。推薦する(何に?(@_@))判決くらいは何とかしたいな。
この分だと、9月は前向きというより、後ろ向きにマイナスをどれだけ小さく食い止めることができるかという感じで過ごすことになりそうだな。



本日は選挙がありまして、歴史の教科書に書かれそうな事態になりそうですが、まぁ小選挙区制を導入した時に予定していたことでしょ。
別に期待はしていない(できない)ので、生あったか~く事態の推移をヲチしていくだけである。

つーか、政治的リーダー&その予備軍(*2)のほとんど全てが、イデオロギーの左右を問わず、国家を肥大化させる志向を持っているのはどうにかならんのかね。これは「国家は(あるいは、オレの指導の下の国家は)真理を知っている」という前提を含意しているはずだが、これってあまりplausibleではない仮定。あるいは単純に知のarrogance。
しかしまぁ、国民の志向も同じだ、となるとどうしようもない。

テーマ : 衆議院選挙 - ジャンル : 政治・経済

21:29  |  日本社会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。