2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.21 (Tue)

序・破

一昨日の日曜は大雨だった。
もっとも引き籠もることを予定していて、食料とかも買い込んであったので無問題。

で、『ヱヴァ』新劇場版『序』1.11のDVD観てた。映画を観に行く予習で。
で、昨日は『ヱヴァ』新劇場版『破』2.0観てきた。


前提的な自分の立ち位置というか視線を書いておけば;
『エヴァ』の最初のTV版に対する評価はネガティヴなんですよね。
途中まではかなり熱狂的に観てた。TV放映もリアルタイムで追っていたし。
それが途中から--心象風景(?)のカットが増えた頃から--「おや?」という感じになって;でもこいつらなら最後は何かあっと驚かせるような形でお話をまとめてくれるに違いない、と思って見続けていたのだが、結局--“心象風景(?)”の延長的な--あの最終2話になったわけで。
あれに意味を見出そうといろいろと議論も湧き起こったけれども、リアルタイムで“心象風景(?)”カットの増えていく様を観ていたほうからすると、「制作進行の遅れ」、それが最終的に破綻した、という理解のほうが腑に落ちた(*1)。現代思想とかを持ち出して擁護しようとするスタッフの発言もあったけれども、むしろ言い訳に聞こえた。物語ることを途中で放り出すのは作家の倫理上、一番やってはいけないことをやったんじゃないの?で結局旧劇場版が制作されたというのはこうした理解を裏書きするものであったわけで。TV版で完結しているのならば「新たな結末」を作る必要はないはず。まぁ観に行ったけど。観ないと叩けないから。

とまぁ、『エヴァ』は途中まではハマったが故にその後の反動で愛憎相半ばするというか。盛り上がっている人がいるのは嗜好の自由だけれども、自分的には醒めていたというかシニカルで。あまり語るエネルギーもなくて。(*2)(*3)


でもまぁ、実際に観てみないと何とも言えないから、『ヱヴァ』新劇場版も観ておこうと。

【ネタバレ防止のため一応改頁】

スポンサーサイト

テーマ : 新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル : アニメ・コミック

19:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。