2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.13 (Wed)

遺伝子の特許性

Cancer Patients Challenge the Patenting of a Gene - NYTimes.com
By JOHN SCHWARTZ
Published: May 12, 2009
http://www.nytimes.com/2009/05/13/health/13patent.html?th&emc=th
乳ガンの判明した患者が卵巣ガンのリスクのテストについてセカンド・オピニオンを得ようとしたらできなかった、何故ならば関連する遺伝子がとある企業によって特許で押さえられていて、他のテスト方法がないから。
で、患者はこの特許を攻撃する訴訟を始めました、というお話。
"The lawsuit, believed to be the first of its kind, was organized by the American Civil Liberties Union and filed in federal court in New York. It blends patent law, medical science, breast cancer activism and an unusual civil liberties argument in ways that could make it a landmark case."
"... the restrictions started to look like not just a question of patent law, ... but of the First Amendment's guarantee of free speech as well. "
確かにlandmark caseにはなりそうだが、言論の自由の主張は筋が悪そうだなぁ。
"Christopher A. Hansen, senior national staff counsel for the civil liberties union, said the problem was with the patent office, not the company. He recalled that when he first heard that the office had granted a patent for a gene, "I said that can't be true.""
勉強していないのでissue spottingしかできないが、
  • 患者が提訴した点につき、原告適格の判断
  • 実体的には遺伝子の特許性を争う形になるんかいな
  • 特許を与えちゃっても強制ライセンス制度があれば何とかなりそうだが、アメリカではダメぽ
といったあたりが気になる。(だけ。とりあえずは調べない。)
スポンサーサイト
17:19  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。