2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.22 (Sun)

Chicago! (2日目)

続き


「トリスタンとイゾルデ」から宿に戻り、ビジネスセンターでPCを借りてメールを読む。といってもリノベーション工事中だったので、「ビジネスセンター」とは名ばかりの、「バックオフィスのPCを使ってもいいよ」というものだったのだがw
しかも、当該PCに日本語フォントが入っていなくて結局Gmailを読めない。XP以降は大抵のPCで2バイト文字も読めるようになっているもんだと思っていたのだが、そんなことはなかったらしい。

宿の部屋が寒いと思っていたら、朝起きたら空調のコンパネを見つけた。


2日目の目的地はシカゴ美術館
何せ10年前の滞在の際に通って(*1)、絵を--特に印象派を--観ることを覚えたmuseumなので、行かないわけにはいかない。自分はベタに印象派好きだが、シカゴ美術館の印象派コレクションは規模自体はそれほど大きくないが、粒が揃っている。
ライオン
シカゴ美術館前のライオン
流石に寒そうである
というわけで当然のように印象派の集まっている一角から回り始める。
新棟工事中の所為か、以前と展示の配置・構成が違っている気が。動線の作り方も変えて、それこそ印象派コレクションを強調する形になっているような。
一言で要約すれば、まずもって持った感想が「懐かしい」「そうそうこれこれ」というものだった(笑)

ほぼ一回りし、カフェでコーヒーを一服してから、ほぼ時刻通りに「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の前で(*2)同僚F氏と合流。


本日の主要な目的は彼とアメリカンなステーキを食べることにあったのだが、土曜のランチということでやっている店が少ない。「要は『ZAGAT』見ればいいんちゃう」ということに気付いたのだが、本屋を見つける前にELの駅に着いてしまった。ダウンタウンの北のほうに一軒あることは予め分かっていたので、やはりそこへ向かうことで合意。行ってみると、なかなか雰囲気のあるneighborhood。知らなかった。

で、真っ昼間からワインを飲みながらがっつりアメリカンなステーキを食らう。
詳しくは書けんが議題は日本に法学は存在するかについて(あれ?) 日本では定義上傍流のアメリカ法研究者じゃなくて、本流大陸法学者にお任せいたしたく、という結論で合意(笑)

ダウンタウンに戻り、昔住んでいた界隈を案内してから、ビジネススクールの面接に来た(*3)友人氏とアポイントメントのあるF氏と別れ、Union Stationで戻りにバスを捕まえる。
P1040178.jpg
かつて通っていた建物の前で、F氏による撮らるる
すっかりアヤシゲなおっさんである
スポンサーサイト
20:18  |  身辺雑記  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.22 (Sun)

Chicago!

よく考えたら未だシカゴに行っていなかった。
シカゴに寄らずに帰るわけにはいかない。
ちょうど同僚がシカゴにやって来たことをダシにして、行くことにする。


マディソン→シカゴ行きのバスは2~3時間おきに出ているが、5時発は流石に無理だし11時発は16時台着と実質昼間を移動だけで費やすことになる。現実的なのは7時発の便か10時発の便。
「起きられたら7時の便に乗るか。ダメなら10時ので」という緩さで前日眠り…本当に起きたので早朝から出かけることにする。
アパートの前 バスからの朝日
アパートの前
夕方の日はだいぶ長くなったが、朝(6時半)はまだ薄暗い
寝ようと思ったのだが、バスの窓が大きく、そこから朝日が差し込んできてまぶしいのでよく眠れなかった。


シカゴでバスが到着するのはAmtrakのUnion Station。Amtrakと接続する形にするため。
Union Station Great Hall Union Station Great Hall
Union StationのGreat Hall
Union Stationのフードコートで腹ごしらえをした後、歩き始める。11時過ぎ。
Sear's Tower 200902210256000.jpg
Union Stationの隣はSear's Tower 個性的なビルが多いのがシカゴのダウンタウン
楽しい。
10年前はこうしてシカゴの街を歩いていた。
街を歩いているだけで楽しい。
シカゴの街はダウンタウンの個性が明快で、いわば“顔”がある。
その後も数度訪れてはいるのだが、がっつり街を歩くのは本当に久しぶり。
町歩きには寒い気候だったがあまり気にならない。これを見越して最大級の防寒装備をしてきたし、それでも寒くなったら暖を取るために飛び込む店には欠かない。
I LOVE Chicago!
EL高架下 オブジェ
LOOPのELの高架下
シカゴと言えばEL。ERとかでもELの高架を見ると「シカゴだなぁ」と思う。
ビルの谷間にオブジェがあるのもシカゴらしい。
Obama
オバマ祭りは続いていた。


LOOPを抜けて、Michigan Avenue--Magnificent Mile方面へ。
Magnificent Mile
Magnificent Mile入口。
シカゴ川を渡ったらビルの前が広くなった所に
牛 老夫婦
牛のオブジェと 老夫婦の像。
これはシカゴ美術館所蔵のアメリカ人画家の絵から持ってきたものではなかったか。
10年前に滞在していた頃は、この辺りはリノベーション工事中だったので、見覚えのないビルも多い。
Magnificent Mileの北の端は
Water Tower John Hancock Center
Water Towerと John Hancock Center。
John Hancock Center 2
John Hancock Center 別アングルからもう1枚。
10年前は毎日見ていた風景。


留学していたロースクールもこの近く、だが、
NUSL NUSL・中
建物が綺麗になってしまっていた。 中も。
壁のパネルを見ると1996~2003年にリノベーションしたらしい。そういえば俺も金出したんだった(笑)
古い建物が残っているほうへ行くと、
オブジェ 中庭の像
当時からあった、よく分からないオブジェ 中庭のおっさん修道士の像も健在
850 N. Lake Shore Dr.
850 N. Lake Shore Dr.
10年前、ここは大学の寮で、ここに住んでいた。
ミシガン湖に面した部屋。朝は湖から昇る朝日に叩き起こされていた。建物は古かったが(*1)、ロケーション的にはこんないいロケーションは二度と住めないと思っていたし、今も思う。
無くなったと聞いていたが、建物自体はあった。売却されて、老人ホームになるらしい。
ミシガン湖 ミシガン湖--Navy Pier方面
ミシガン湖
よくこの湖岸の道をジョギングしている人が通る。
南方、Navy Pier方面

ロースクールのカフェでコーヒーを飲んで一服した後、Lake Shore Dr.を下って

Lake Point Tower Navy Pier
Lake Point Towerの脇を通り、 Navy Pierへ。
当初はこのままNavy Pierの先っぽを目指すつもりだったのだが、バスが停まっているのを見て考え直す。
どうせ特にお目当てがあるわけでもないし、7時の便に乗れたお陰で時間もあったので、バスに乗ってMuseum Campusへ。
スカイライン
Shedd Aquarium前からのスカイライン
Museum Campusに向かった当初はShedd水族館がお目当てだったのだが、辿り着いて目に入ってからField博物館も入りたくなった。
だが時間的にField Museumは回り切れそうにないと思ったので、やはりShedd水族館へ。
Shedd水族館でも写真を何枚か撮ったが、暗くて写りがよくないので略。


水族館を出て、宿へ向かい、チェックイン。
宿の向かい
宿から向かいを眺めたところ


荷物を置いて、Civic Opera Houseへ。
せっかくシカゴへ行くのだからオペラかオケラでも、と思って調べてみたら、CSOは売り切れだった(*2)が、Lyric Operaの「トリスタンとイゾルデ」はチケットがまだあった。ので買う。
オペラはあまり観ないのでちゃんとした評価はできないのだが、ラブロマンスなのに、小太りのおっちゃんと小太りのおばちゃんが演るというのは萌えが足りないというか(爆) まぁ主役なんだからそれなりのキャリアのある歌手じゃないと務まらないというのは当然なのだが。逆に「おっちゃんとおばちゃんの話なんだな」と思うと、不倫の話(?)だし、ナマナマし過ぎてシャレにならないというか良く言えば文学的昇華が足りない(笑)
しかし音は(歌手もオーケストラも)良かった。普段ニコ動で電話ソングばかり聴いている(*3)身には久々にまともな音楽を聴いたような気がする(爆)

続く
19:06  |  身辺雑記  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。