2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.27 (Fri)

Google Book訴訟和解案の基礎

日本の書籍全文が米国Googleブック検索に? 朝刊に載った「広告」の意味 - ITmedia News
2009年02月25日 18時05分 更新
「著作権に関する国際条約「ベルヌ条約」の規定により、日本で出版された書籍についても米国内で著作権が発生する。このため、米Googleと米国の著作権者との訴訟であっても、和解内容は日本の著作権者にとっても有効になる。」 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/25/news089.html
この話は知財畑ではない英米法専業者にもワクワクするような面白いネタなのだが、これまでも訴訟をフォローしていなかったし生憎きちんとリサーチする時間がない。
「ちょっとここ論点だよね。どう処理されてるの」という点を確認すべしリスト、のみ。
アメリカ人は世界を代表する? - コデラノブログ 3
「これが米国内だけの問題ならばそれで済むのだが、日本も加入しているベルヌ条約により、この和解条件には日本の出版物も含まれることになるということのようだ。……
米国でのルールを平気で全世界に押しつけてくるあたりが気にいらんなぁ。」
http://blogmag.ascii.jp/kodera/2009/02/25215806.html
なぜこのような話が成立するかといえばもちろんアメリカ法にはクラスアクションがあるからで、専門家であればその点は踏まえている。
コラム・論文|骨董通り法律事務所 For the Arts
2009.2.10 (2009.2.22 一部加筆) 知財、メディア&アートの法務 第1回 「全世界を巻き込む、Googleクラスアクション和解案の衝撃」 弁護士 福井健策(骨董通り法律事務所 for the Arts) 「それを可能にしたのは、一部の者が共通点を持つ多数の者を代表して訴訟を起こし、訴訟の結果は利害関係者全体に及ぶという米国クラスアクションの制度である。元来、典型的なクラスアクションは公害被害者や薬害患者といった同じ原因による被害に苦しむ市民の救済策として機能する。救済を待ち望む人々が利害関係者であり、その数はせいぜい数千人から数十万人という規模の場合が多かろう。
しかし、ネットによる著作権侵害となると全く違う。Googleブック検索の潜在的利害関係者は全世界に1000万の単位で存在するだろう。その人々が自分でも気づかないうちにクラスアクションの当事者となり、和解によってGoogleは1000万単位の人々からライセンスを一挙に取得するのと同じ結果となる。」
http://www.kottolaw.com/column_090210.html
ベルヌ条約やフェアユースといった著作権実体法の問題を論じる前に、その基礎にある手続制度--ここではクラス・アクション--に着目するという点は正しいと思うのだが、私見からはまだ踏み込めるように思われる。「クラス・アクションがあるから」は答ではなく、さらなる問いが出てくる。
  1. 外国人が関わっても領域的管轄権は問題ない?--これは過去にも肯定した事例があるはずだから根拠を確認
  2. 代表当事者の代表性は大丈夫?--ここにベルヌが出てくる、がそれでも本当にそれでよいか
  3. クラス・アクションにおける和解については最高裁は渋めの判断を示しているが、それとの関係は?(*1)本件は和解自体を目的としたクラス・アクションではないからOKなのか?
  4. 「著作権集中管理システムとしてのクラス・アクション」の限界については以前触れたのだが(*2)ここでは同様の問題は存在しない?
  5. こららの点をチェックするはずのクラス認証の手続はどうだったの?
もちろん当事者や裁判所はこれらの点をクリアしている、はず。単に自分が本件をフォローしていなかったので、無知故の勉強の余地ということではある。
が、それでも本当にclearされているのか、かなりmurkyな部分があるのではないか、という感触がある。たぶん、異議を申し立てて、「そもそも本件クラス・アクション自体がけしからん」と引っ繰り返す(よう主張する)余地は十分にあるように思われる。それでもってたぶん、最高裁まで行ってクラス・アクションに関する判例を作れそう。

【関連】

After Tasini - アメリカ法観察ノート
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

18:46  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.27 (Fri)

礼拝

先ほどコンピュータ室脇のTech Service(*1)(どちらもガラス張り)の担当のお姉さん(たぶん学生アルバイト)が床に正座をしていて一瞬ビックリする。
が、スカーフをしているし、よく考えるとお祈りをしているのか。
そうか、礼拝の時間か。あちらがメッカの方角か。
14:45  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.25 (Wed)

見覚えのある

仕事をしている大学の図書館で、見覚えのある、というかかつては馴染みであった判型・厚みの本が並んでいてギョっとする。
何でこんなところに司法試験用六法が並んでいるんだ!?

…ということはもちろんなく、マサチューセッツ州のManual for General Courtなる文献。
Manual Manual (2)
でも本当にそっくりの大きさだよね!

ちなみに日本の司法試験用六法は日本国憲法から始まるが、このManual for the General Courtに収録されている最初のテクストは独立宣言。うむぅ。
16:40  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.22 (Sun)

Chicago! (2日目)

続き


「トリスタンとイゾルデ」から宿に戻り、ビジネスセンターでPCを借りてメールを読む。といってもリノベーション工事中だったので、「ビジネスセンター」とは名ばかりの、「バックオフィスのPCを使ってもいいよ」というものだったのだがw
しかも、当該PCに日本語フォントが入っていなくて結局Gmailを読めない。XP以降は大抵のPCで2バイト文字も読めるようになっているもんだと思っていたのだが、そんなことはなかったらしい。

宿の部屋が寒いと思っていたら、朝起きたら空調のコンパネを見つけた。


2日目の目的地はシカゴ美術館
何せ10年前の滞在の際に通って(*1)、絵を--特に印象派を--観ることを覚えたmuseumなので、行かないわけにはいかない。自分はベタに印象派好きだが、シカゴ美術館の印象派コレクションは規模自体はそれほど大きくないが、粒が揃っている。
ライオン
シカゴ美術館前のライオン
流石に寒そうである
というわけで当然のように印象派の集まっている一角から回り始める。
新棟工事中の所為か、以前と展示の配置・構成が違っている気が。動線の作り方も変えて、それこそ印象派コレクションを強調する形になっているような。
一言で要約すれば、まずもって持った感想が「懐かしい」「そうそうこれこれ」というものだった(笑)

ほぼ一回りし、カフェでコーヒーを一服してから、ほぼ時刻通りに「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の前で(*2)同僚F氏と合流。


本日の主要な目的は彼とアメリカンなステーキを食べることにあったのだが、土曜のランチということでやっている店が少ない。「要は『ZAGAT』見ればいいんちゃう」ということに気付いたのだが、本屋を見つける前にELの駅に着いてしまった。ダウンタウンの北のほうに一軒あることは予め分かっていたので、やはりそこへ向かうことで合意。行ってみると、なかなか雰囲気のあるneighborhood。知らなかった。

で、真っ昼間からワインを飲みながらがっつりアメリカンなステーキを食らう。
詳しくは書けんが議題は日本に法学は存在するかについて(あれ?) 日本では定義上傍流のアメリカ法研究者じゃなくて、本流大陸法学者にお任せいたしたく、という結論で合意(笑)

ダウンタウンに戻り、昔住んでいた界隈を案内してから、ビジネススクールの面接に来た(*3)友人氏とアポイントメントのあるF氏と別れ、Union Stationで戻りにバスを捕まえる。
P1040178.jpg
かつて通っていた建物の前で、F氏による撮らるる
すっかりアヤシゲなおっさんである
20:18  |  身辺雑記  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.22 (Sun)

Chicago!

よく考えたら未だシカゴに行っていなかった。
シカゴに寄らずに帰るわけにはいかない。
ちょうど同僚がシカゴにやって来たことをダシにして、行くことにする。


マディソン→シカゴ行きのバスは2~3時間おきに出ているが、5時発は流石に無理だし11時発は16時台着と実質昼間を移動だけで費やすことになる。現実的なのは7時発の便か10時発の便。
「起きられたら7時の便に乗るか。ダメなら10時ので」という緩さで前日眠り…本当に起きたので早朝から出かけることにする。
アパートの前 バスからの朝日
アパートの前
夕方の日はだいぶ長くなったが、朝(6時半)はまだ薄暗い
寝ようと思ったのだが、バスの窓が大きく、そこから朝日が差し込んできてまぶしいのでよく眠れなかった。


シカゴでバスが到着するのはAmtrakのUnion Station。Amtrakと接続する形にするため。
Union Station Great Hall Union Station Great Hall
Union StationのGreat Hall
Union Stationのフードコートで腹ごしらえをした後、歩き始める。11時過ぎ。
Sear's Tower 200902210256000.jpg
Union Stationの隣はSear's Tower 個性的なビルが多いのがシカゴのダウンタウン
楽しい。
10年前はこうしてシカゴの街を歩いていた。
街を歩いているだけで楽しい。
シカゴの街はダウンタウンの個性が明快で、いわば“顔”がある。
その後も数度訪れてはいるのだが、がっつり街を歩くのは本当に久しぶり。
町歩きには寒い気候だったがあまり気にならない。これを見越して最大級の防寒装備をしてきたし、それでも寒くなったら暖を取るために飛び込む店には欠かない。
I LOVE Chicago!
EL高架下 オブジェ
LOOPのELの高架下
シカゴと言えばEL。ERとかでもELの高架を見ると「シカゴだなぁ」と思う。
ビルの谷間にオブジェがあるのもシカゴらしい。
Obama
オバマ祭りは続いていた。


LOOPを抜けて、Michigan Avenue--Magnificent Mile方面へ。
Magnificent Mile
Magnificent Mile入口。
シカゴ川を渡ったらビルの前が広くなった所に
牛 老夫婦
牛のオブジェと 老夫婦の像。
これはシカゴ美術館所蔵のアメリカ人画家の絵から持ってきたものではなかったか。
10年前に滞在していた頃は、この辺りはリノベーション工事中だったので、見覚えのないビルも多い。
Magnificent Mileの北の端は
Water Tower John Hancock Center
Water Towerと John Hancock Center。
John Hancock Center 2
John Hancock Center 別アングルからもう1枚。
10年前は毎日見ていた風景。


留学していたロースクールもこの近く、だが、
NUSL NUSL・中
建物が綺麗になってしまっていた。 中も。
壁のパネルを見ると1996~2003年にリノベーションしたらしい。そういえば俺も金出したんだった(笑)
古い建物が残っているほうへ行くと、
オブジェ 中庭の像
当時からあった、よく分からないオブジェ 中庭のおっさん修道士の像も健在
850 N. Lake Shore Dr.
850 N. Lake Shore Dr.
10年前、ここは大学の寮で、ここに住んでいた。
ミシガン湖に面した部屋。朝は湖から昇る朝日に叩き起こされていた。建物は古かったが(*1)、ロケーション的にはこんないいロケーションは二度と住めないと思っていたし、今も思う。
無くなったと聞いていたが、建物自体はあった。売却されて、老人ホームになるらしい。
ミシガン湖 ミシガン湖--Navy Pier方面
ミシガン湖
よくこの湖岸の道をジョギングしている人が通る。
南方、Navy Pier方面

ロースクールのカフェでコーヒーを飲んで一服した後、Lake Shore Dr.を下って

Lake Point Tower Navy Pier
Lake Point Towerの脇を通り、 Navy Pierへ。
当初はこのままNavy Pierの先っぽを目指すつもりだったのだが、バスが停まっているのを見て考え直す。
どうせ特にお目当てがあるわけでもないし、7時の便に乗れたお陰で時間もあったので、バスに乗ってMuseum Campusへ。
スカイライン
Shedd Aquarium前からのスカイライン
Museum Campusに向かった当初はShedd水族館がお目当てだったのだが、辿り着いて目に入ってからField博物館も入りたくなった。
だが時間的にField Museumは回り切れそうにないと思ったので、やはりShedd水族館へ。
Shedd水族館でも写真を何枚か撮ったが、暗くて写りがよくないので略。


水族館を出て、宿へ向かい、チェックイン。
宿の向かい
宿から向かいを眺めたところ


荷物を置いて、Civic Opera Houseへ。
せっかくシカゴへ行くのだからオペラかオケラでも、と思って調べてみたら、CSOは売り切れだった(*2)が、Lyric Operaの「トリスタンとイゾルデ」はチケットがまだあった。ので買う。
オペラはあまり観ないのでちゃんとした評価はできないのだが、ラブロマンスなのに、小太りのおっちゃんと小太りのおばちゃんが演るというのは萌えが足りないというか(爆) まぁ主役なんだからそれなりのキャリアのある歌手じゃないと務まらないというのは当然なのだが。逆に「おっちゃんとおばちゃんの話なんだな」と思うと、不倫の話(?)だし、ナマナマし過ぎてシャレにならないというか良く言えば文学的昇華が足りない(笑)
しかし音は(歌手もオーケストラも)良かった。普段ニコ動で電話ソングばかり聴いている(*3)身には久々にまともな音楽を聴いたような気がする(爆)

続く
19:06  |  身辺雑記  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.20 (Fri)

何かとバタバタしていてブログを更新できないねぇ。明日から出かけるし。
ネタがないわけではないのだが。
00:53  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.16 (Mon)

Cドライブ・ダイエット

Vistaが最近挙動不審。
3月に入ると文字通り身動きできなくなるだろうし、そんなときに以前のように動かなくなって仕事が進まなくなる&修復作業をしなければならなくなるのは避けたい。
というわけで比較的時間のある今の内だと思い、予防的にクリーン・インストールをすることにする。

その前にデフラグかけろよとか、余計なプログラムやファイルを炙り出してCドライブを軽くしろよとか、そういう作業をする可能性もあるのだが、何が入っているんだかCドライブが一杯一杯でしょっちゅう空き領域を作る作業をしなければならず、デフラグをかけても綺麗になりきらないので、思い切って身軽になろうと。

で、丸一日は覚悟していたのだが、それを超えて丸二日以上掛かってくれた。昨夜なんか朝の5時までと、ほとんど徹夜状態。

何に時間が掛かったって、プレインストール・プログラムのアップデート。とりあえず全部をチェックしたこちらも悪いんだろうが、何だよ更新ファイル1GB超って(>_<) 通信速度も速くないのでダウンロードだけで何時間も掛かる。

Windows+ウィルス対策ソフトまで入れたところで15GB弱。これだけなら分量はそんなにない。
と思いきや、Lenovoのプレインストールの更新作業↑中に見てみたら45GBとかになっている!まぁ作業用ファイルとかもあったのだろうから、それが削られて最終的には30GB前後に落ち着いたが、それでも倍増、容量取り過ぎ。今後のダイエット対象として覚えておくことにする。

それでも、他の主要なアプリも入れて、Cドライブは100GB中35GB程。
でもこれからまたメタボファイルが溜まってくんだろうなぁ。
22:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.13 (Fri)

ソーラ・システム!

最大の原発より大規模:巨大な太陽熱発電所を建設へ | WIRED VISION
「太陽熱を利用する。[多数の鏡を使って]太陽光を集めて、ボイラーに蒸気を発生させ、タービンを回転させるのだ。
「太陽光は、利用されていない最大の資源だとわれわれは考えている。特に南カリフォルニアではそうだ。太陽光はほとんど利用されておらず、われわれはこれを自社の製品によって拡大させたいと考えている」」
file:///D:/AppData/Mozilla/ScrapBook/data/20090212193721/index.html
ソロモンを攻略するんですね、わかります。
01:22  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.13 (Fri)

悪意の者、正機

大学に入って法律用語の「善意」「悪意」を習った時、
親鸞悪人正機説
善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。
高校時代に倫理の授業で習った)
「(自らが悟っていないことにつき)善意の者とて往生をとぐ、いはんや悪意の者をや」
とすんなりと了解できる、と思った(笑)
Matimulog: jury:ガラパゴスな法律用語(^^;;;
「善意・悪意なんてのは、独特な用語として法学部一年から常に話題になる代表例」
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2009/02/jury-1ffe.html

テーマ : 法律全般 - ジャンル : 政治・経済

01:15  |  日本社会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.11 (Wed)

執行!

Matimulog経由。
民事執行法が英語になったとのこと→http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hourei/data/ceta.pdf

表題の"Civil Execution Act"を見てギョッとする。
「執行(する)」は確かに"execution/execute"だが、何を「執行」するかと言ってまず思い浮かべるのは「死刑執行」なわけで、「民事死刑執行法!?それってどんなリンチ!?」とこの間まで死刑に関連したネタを書いていた頭は連想してしまった(汗)

テーマ : 法律全般 - ジャンル : 政治・経済

01:06  |  日本社会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

湖岸(冬(?))

先週末から、プラス(摂氏)の気温の暖かさが続いている。
特に今日は最高気温13度(予報)という暖かさである。
おまけに天気もいい。
アパートの前 天気がいい
アパートの前。
雪がここまで融けている。
というわけで、バスを途中で降りて、高台の見晴らしのよい道を歩くこと自体を目的として歩く--散歩とも言いますな--ことにした

ら、バスを降りたところで、湖岸の保存林が近いことに気付いた。
そのtrailはその内歩いてみようと思っている内に根雪になってしまったのだった。
急遽、ミニハイキングと洒落込むことにする。

が、歩き始めて間もなく、お気楽な考えが誤っていることに気付く。
道がどろどろである。木陰には弛んだ雪も残っている。
が、「今日歩かなければいつ歩く?」と、当初の目的通り、岬の先を目指す。(←既に目的が変わっている(汗))
保存林内の様子 岬の先から
保存林内の様子 岬の先から
湖の氷上に轍があって、歩けるのかいなと思ったら、 後で本当に歩いている人を発見
湖の氷上に轍があって、歩けるのかいなと思ったら、 後で本当に歩いている人を発見。
(小さくて分かり難いけど、真ん中の点(^^;)
ワカサギ(?)釣りをしているらしい。
鴨 本来のルートの高台からの見晴らし
本来のルートの高台からの見晴らし。
左の半島が先ほど歩いた岬。
22:42  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

もう一本

もう一本、論文紹介も書いた。
原稿債務が消化されるのはよきかな。
まぁ帰国する前の今の内にやっとかないと後で大変なことになるだけだ、とも言う。
01:12  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.07 (Sat)

Ginsburg入院

あらら。
Ginsburg Has Surgery for Pancreatic Cancer - NYTimes.com
By ADAM LIPTAK
Published: February 5, 2009
http://www.nytimes.com/2009/02/06/washington/06ginsburg.html?emc=eta1

【関連】

Elena Kagan - アメリカ法観察ノート
Re: サンスティーンを最高裁に! - アメリカ法観察ノート
Roberts Courtの保守傾向 - アメリカ法観察ノート

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

00:44  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.06 (Fri)

Black History Month

今月はBlack History Monthらしい。
学生団体名義で、歴史上の著名な黒人の言葉などのビラがあちこちに貼られていた。
ロースクールだし、Thurgood Marshallとか。
22:37  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.06 (Fri)

科学的捜査手法

Science Found Wanting in Nation’s Crime Labs - NYTimes.com
By SOLOMON MOORE
Published: February 4, 2009
"Forensic evidence that has helped convict thousands of defendants for nearly a century is often the product of shoddy scientific practices that should be upgraded and standardized, according to accounts of a draft report by the nation’s pre-eminent scientific research group.
The report by the National Academy of Sciences is to be released this month. People who have seen it say it is a sweeping critique of many forensic methods that the police and prosecutors rely on, including fingerprinting, firearms identification and analysis of bite marks, blood spatter, hair and handwriting." http://www.nytimes.com/2009/02/05/us/05forensics.html?_r=1&emc=eta1
科学的証拠--指紋、血液型といったものから心理学まで幅広い--の、司法手続における利用について疑義を呈するレポートがもうすぐ出るよ、と。
ただ、こうした手法それ自体を問題としているというよりは、こうした手続を利用する人員が十分に訓練されておらず、そこにエラーが発生する可能性があることを俎上に載せているよう。

これが公表されると被告人(側弁護士)に有利に働くだろうとのことだが、反対があって公表が遅れているとのこと。
反対のロジックがどうもすっと飲み込めない。どういう力学が働いているのだろう?
よく分からないがそういう論点があるんだなぁ、というメモ。


ところで記事中、
Paul Giannelli, a forensic science expert at Case Western Reserve University School of Law
という調査関係者が出てくる。
へー、科学捜査手法をロースクールで教えていたりするんだなぁ、と。
確かに、特に将来、刑事司法関係に進もうと思っているのであれば知っておくべき話ではある。
けれども日本の法科大学院ではそういう授業が提供されているという話をあまり聞かない。
自分が学部の頃は医学部の先生が法医学を教えに来ていたが(*1)

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

01:14  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.04 (Wed)

札幌より寒いが旭川よりは暖かい

判例評釈を編集に提出。
最後の一段落が決まらない内に、細々とした仕事が飛び込んできて進まず。
日本も年度末だね。
03:09  |  身辺雑記  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。