2008年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.29 (Sat)

「脅迫」で逮捕された東大法学部OBについて

無論、「逮捕」というのはそれ自体、実体的評価を決定するものではないわけであるが;
また、表現の自由の大事な自分的には"clear and present danger"なき表現行為を規制することには慎重ではありたいが(*1)


との留保を付した上で、文科省官僚の殺害予告の容疑で逮捕された人物--東大法学部OB--について、一言。
文部科学省の局長らを1週間以内に殺害すると書いて逮捕された25才の元東大生、その正体と軌跡を追う - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081129_realiste0/
realiste0についての覚書
http://anond.hatelabo.jp/20081129200805
自分も巡回するブログのコメント欄等でも暴れ回っていた人物であるので。
そしてあまりの稚拙さと“痛さ”に目を回していたのだが。だいたい教えを請うていながらその相手を罵倒するというのは論外だろう。自分は無関係の傍観者であったにもかかわらず怒鳴りつけたい衝動に駆られることもあったのだが、それに対して粘り強く対応されていたブログ主諸氏には頭が下がる。

ツッコミ所満載の言動を繰り返していた人物であるから全ての点にツッコンでいるとキリがないので、2点+1点のみ。

第一に、氏の「理想」の稚拙さである。何やら崇高な「理想」を抱いていたようであるのだが、(各所で問われていたにもかかわらず)それが何であるのかはまるで説明されることがなかった。
そんなもの、独りよがりの思い込みでしかない。
自らの立場と異なる立場への思いをめぐらせる想像力と、その上で自説を選び取る責任が、公共的討議に参加する前提である。そのような基本的態度を欠く人物が法曹とならなかったのは、喜ばなければならない。

第二に、氏の「教育」への思い入れと、それの裏返しである本件の動機としての逆恨みについてである。
学校で教えられることは全てではない、などということは当然の前提だろJK。それを批判的に相対化していくのが中等~高等教育で身に付けるべき能力であって、それができていないのならばそこまでの器だった、ということである。(*2)


と、基本的には見知らぬ他人であるにもかかわらずこのようにエントリを書いてしまうのは、大学教育とはどのようなものなのだろうかという問いを顧みずにはいられないからである。
前記の諸点は要するに市民として、少なくとも高等教育を受けた市民として当然身に付けておくべきvirtueであろうと思われるわけだが、しかしそのようなものを有していなくとも東大法学部に入学し、卒業できてしまった。

もっとも、本エントリは氏が責任能力を有する市民であることを前提としているが、情報を散見するとその前提自体確固たるものではないようである。
そうだとすれば、誰/如何なるアクターが氏をケアすべきだったのだろうか。大学、だろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:50  |  日本社会  |  TB(2)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。