2008年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.08 (Sat)

お金=言論?

アメリカにおいては、政治資金規制の問題は第1修正・言論の自由の問題として語られる。
このことを初めて知った時、「そんなバカな」と思った。
でもそうなのである。
Buckley v. Valeo, 424 U.S. 1, 96 S. Ct. 612 (1976).

だが、現地で選挙運動を見ていると、お金=言論というのも「そうなのかも」という気がしてきた。
TVコマーシャルをどう流すか(*1)
パンフレット・ビラをどう配るか。(*2)
候補者を応援する運動員たる「ボランティア」も、しばしば"payed volunteer"だったりする(*3)
特に民主党予備選挙でオバマとヒラリーで差が付いたのが、献金とその使用(特にタイミング)に関する戦略の差であった。

井上達夫先生がよく「言論の自由ばかり語っても、全ての出版が統制経済下に置かれたら意味がない」旨、言うのと関係あるかも知れない。

どちらかというと政治資金規正に積極的なのは、財界からの大規模な寄付を集めるのに劣る民主党の側なのだが、今回オバマ陣営が(個人から薄く広く献金を募る戦略に成功したこともあり)マケイン陣営よりも潤沢な資金を利用できたことから、民主党の政治資金規正に対する考え方が変わりつつあるとも。
Political Memo - What Happens to Public Financing, When Obama Thrived Without It? - NYTimes.com
By MICHAEL LUO
Published: November 2, 2008
http://www.nytimes.com/2008/11/03/us/politics/03donors.html?ei=5070&emc=eta1
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

22:29  |  アメリカ法  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.08 (Sat)

うたかたの夢

Voters approve Proposition 8 banning same-sex marriages - Los Angeles Times
Passage of Prop.8 throws thousands of same-sex unions into doubt.
By Jessica Garrison, Cara Mia DiMassa and Richard C. Paddock
November 5, 2008
http://www.latimes.com/news/local/la-me-gaymarriage5-2008nov05,0,1545381.story
5月の州最高裁の同性婚禁止違憲判決を受け、これを(実質的に)覆すための州憲法修正が、今週の選挙と一緒に州民投票にかけられていた。
このProposition 8"Eliminates Right of Same-Sex Couples to Marry"は、州憲法に
Only marriage between a man and a woman is valid or recognized in California.
との条項を追加するもの(*1)

以前、州最高裁判決の時点で
カリフォルニア同性婚禁止違憲判決 - アメリカ法観察ノート
「それでは反対派の州民投票の結果はどうなるかと予想すれば、読み切れない。
カリフォルニアだけに、憲法修正なし=本判決の維持、というほうがやや優勢、あたりか。」
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-189.html
と書いたわけだが、外れた。
結果は約524.5万票(52.4%)対約493万票(47.6%)で、提案は可決。
この差を大きいと見るか小さいと見るか。見解が割れているところを提案賛成=同性婚反対派が競り勝った、と自分は見る。何でもアリのカリフォルニアでも難しいんだな…
接戦に重要な役割を果たしたのはモルモン教のようである。
Backlash at Mormons over work to ban gay marriage ban jells into call for Utah boycott -- Courant.com
By BROCK VERGAKIS | Associated Press Writer
7:32 PM EST, November 7, 2008
http://www.courant.com/news/nationworld/nation/wire/sns-ap-mormon-backlash-boycott,0,5607804.story
Mormons Tipped Scale in Ban on Gay Marriage - NYTimes.com
By JESSE McKINLEY and KIRK JOHNSON
Published: November 14, 2008
http://www.nytimes.com/2008/11/15/us/politics/15marriage.html?emc=eta1
【2008/11/15追記】

但し、これを単純に「社会的保守の勝利」と描写するのはいささかnaiveである。(ある種の人々にとって)皮肉なことであるが、この結果はオバマの勝利とリンクしている。
オバマ陣営の選挙戦略の一つとして、マイノリティを中心に普段/これまで投票していなかった層を掘り起こして投票所に向かわせた、というものがある。
ところが黒人もヒスパニックも、Proposition 8については賛成票=同性婚反対の側に票を投じており、これが可決の大きな原動力になった模様(*2)

なお、他にアリゾナとフロリダでも同様の憲法修正が成立している。
今回のカリフォルニアの場合に特徴的なのが、州最高裁が同性婚を認めるべしという(憲法)判断をした後で、それを覆す州憲法修正が成立したことである。同様の憲法修正を有している州はそのような判決なしで提案・成立した。他方、同様の判決がなされた州の内、マサチューセッツは議会が憲法修正の発議を握りつぶした形になるし、コネチカットは判決から日が浅いので具体的な対応はこれからだろう。(*3)

というわけでカリフォルニアでは同性婚が認められなくなったわけだが(*4)5月の判決以降、結婚した同性カップルはかなりいるわけで、その法的statusは厄介な論点ということになる。
州司法長官の見解は「未だ有効」というもので、まぁ普通に考えればそうだろう(*5)。一応、遡及的に5月の判決を否定する、と解する余地も皆無ではないと思うが…違憲判決を出した当の裁判所がそう解釈する可能性は低いだろう。
Backers focused Prop. 8 battle beyond marriage - Los Angeles Times
"California Atty. Gen. Jerry Brown has said the marriages performed between June 17 and Tuesday will remain valid -- but legal experts expect the marriages to be challenged and say there is no clear answer as to what the courts will decide."
http://www.latimes.com/news/la-me-gaymarriage6-2008nov06,0,4263422,full.story
そうだとすると、この5ヶ月間に婚姻関係に入った同性カップルとが、今後とも残り続けることになり、難しい時際法・人際法上の論点を提起し続けることになる。5月の判決を差し止めておけばややこしい問題は発生せずに済んだのに。
カリフォルニア同性婚禁止違憲判決 - アメリカ法観察ノート
「この判決があっさり発効するとは考えにくいわけで、反対派は州憲法改正を発議して、今秋の選挙の際に一緒に州民投票に付すでしょうな。その際には判決執行のstayが申し立てられることは確実だし、裁判所は認めると予想。」
しかし別の見方をすれば、婚姻関係にある同性カップルが残り続けることで、社会に受け容れられていくことになる一里塚になる、可能性もあるかも知れない。


ところで、このPropositon 8は("8"であることから明らかなように)今回州民投票にかかっていた唯一の提案ではない。
高速鉄道の建設のための州債の発行に関するものは日本語でも報道されているようだが;
他に目立つものというと: Proposition 2は、家畜が動けるスペースを確保するよう、業者に義務付けるもの。(退役軍人に対する有利な貸付に関するProposition 12に続き)2番目の賛成票で可決されている。実質的には養鶏場のニワトリのカゴが違法化されることから、州内の養鶏業(≒タマゴ業者)が壊滅的な打撃を受けると考えられている。ナマナマしいのは、この提案の推進側を州外の養鶏業者がサポートしていたことだ。

Proposition 4は未成年者の中絶について両親への通知を義務付ける憲法修正だが、これは否決。

Proposition 9は、犯罪被害者に権利を付与し、犯罪者の権利を制限する憲法修正。可決。

【関連】

コネチカットの場合 - アメリカ法観察ノート
Summmer of Love - アメリカ法観察ノート
団結 時に衝突 あとくされないように とりあえず円満 - アメリカ法観察ノート
カリフォルニア同性婚禁止違憲判決 - アメリカ法観察ノート

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

01:37  |  アメリカ法  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。