2008年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.28 (Tue)

Re: サンスティーンを最高裁に!

こういう話は選挙結果が出る前しか書けない、ということで。

当選したら新大統領が指名するであろう最高裁裁判官の候補を云々したUSA Todayの記事を、macska氏が紹介している。
For divided high court, two potential legacies - USATODAY.com
By Joan Biskupic, USA TODAY
http://www.usatoday.com/news/politics/election2008/2008-10-23-candidates-courts_N.htm
サンスティーンを最高裁に! - *minx* [macska dot org in exile]
「注目は、オバマが当選した場合の最有力候補の一人に、キャス・サンスティーンが挙げられていること。
近年、最高裁判事には裁判官としての経験が長い人が指名されることが多いのだけれど、ただの学者でなく「世界一多くの論文に引用されている法学者」として知られるサンスティーンであれば文句の付けようがない…」
http://d.hatena.ne.jp/macska/20081024/p2
確かにSunstein(*1)はビッグネームだし、憲法分野に限らず行政法・環境法・サイバー法etc.守備範囲も広いし、行動経済学の参照など方法論的にも懐が深いのは魅力的だし、裁判官(=権力者)になったら何を言うかというのも面白いし興味がある。案外プロ・ビジネスな面があるのもそちら方面から受け容れられるだろう。というか、シカゴつながりだし、自分的にもまず思い付く名前ではある(笑)

しかし、というかだからこそ、ないんじゃないか、というのが自分の観測。
何故ならば、多くの著作がある有名人を候補にするということは、反対する側から見れば攻撃する手掛かりが多いということでもある。そしてそれを見越せば、もし新政権が新裁判官人事を“すんなりと”通したいのであれば、そのような抵抗の可能性の高い候補は避ける、ということになる。
そうすると新政権は人事を“すんなりと”通したいか、あるいは正面突破を狙うのか、という問いになるのだが、これは議会の選挙結果、特に上院で60議席を確保するかという点に依存することになる(*2)
しかし、議会で十分な議席を獲得するということは、中道~従来の反対党支持者・選挙区を取り込むことに成功した議員を内に抱え込む、ということでもある。そうすると、“とんがった”人事は自党からの反対(までは行かなくとも抵抗)を誘発する可能性がある。

以上のような観点から、新政権の最高裁人事、特に最初の空席に関する人事は“穏健な”人物を指名するだろうと予想する。
さらに踏み込むと、前述の「攻撃の材料を与えない」という観点からも、最右翼の候補は「現時点で名前の挙がっていない人物」、というのが自分的予想である。

実際、これはGeorge W. Bush政権で採られたアプローチでもあった。
O'Connorの退任がアナウンスさらた後、Bush政権はほとんど下馬評に挙がらなかったRobertsを指名した。Rehnquistの突然の死去に伴う主席裁判官候補への横滑りはBush政権にとって事実上唯一の選択肢であっただろう(*3)
Alitoは早い段階から名前の挙がっていた人物だが、彼も元々の候補ではない。元々、政権が指名したのはMiersで(*4)、彼女も名前の取り沙汰されていた人物ではない。逆に言えば、Alitoのような既に書いたもののたくさんある(*5)候補を出さなければならなかったのは、政権としては“最後の手段”だったともいえる(*6)

Sunsteinに戻れば
「今年の春にリチャード・セイラーとの共著で出した『Nudge: Improving Decisions About Health, Wealth, and Happiness』は、サンスティーン自身がオバマのアドバイザーであることとも関連して、来るべきオバマ政権における政策のブループリントだと言う人もいる。」
だとすれば、裁判官ではない形で政権に入るand/or関与するのではなかろうか。


他に自分がコメントできそうな名前というとHarold Hongju Kohか。
ただ、彼は本業国際法で、(米国内であまりウケの良くない)内国憲法裁判において外国法・国際法を参照することの旗振り役もしていて攻撃材料だらけ。
もっとも、そういう人物を最高裁に据えることに成功すれば「アメリカは政権が変わって司法の面でも国際協調主義に舵を切ったのだな」というメッセージを明確に伝わるだろうが、、、
やっぱないだろう。


新政権の人事の結果として最高裁がどうなるかについては、以前書いたobservationを変更する必要はない、と考えている。

【関連】

Kennedy's Court? - アメリカ法観察ノート
連邦最高裁2007-08年度開廷期の中間評価 - アメリカ法観察ノート
Roberts Courtの保守傾向 - アメリカ法観察ノート
Tribe v. Olson - アメリカ法観察ノート
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

19:48  |  アメリカ法  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。