2008年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.20 (Wed)

【陪審】市民による量刑【裁判員】

予め断っておけば、自分は裁判員制度には賛成でも反対でもない。
反対論には与しないが、是非推進すべきという魅力も見えない。
ただ、アメリカの陪審制度は多少なりともウォッチしているので、その限りでは議論に貢献できる部分もある、かも知れない。
が、自分自身の態度が前述の通りなので、頑張って論を張ろうという気もなかなか起きないし、このブログでもこれまであまり触れてこなかった。今後もそうだろう。


ここでは一点のみ、記しておく。
裁判員制度が刑事司法を崩壊させる:NBonline(日経ビジネス オンライン)
「事件ごとに選挙人名簿から無作為で選ばれる裁判員と職業裁判官からなる合議体が、事実認定だけではなく、死刑を含む量刑判断まで行うという、世にも稀な国民の司法参加の制度」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080819/168233/?P=3
アメリカの陪審制度が一般に罪責の認定のみを行い、量刑は裁判官の職掌、というのは基本的にはその通りである。
しかし、重大な但し書きを付す必要があると理解していて:
少数ではあるが、陪審が量刑を行う州もある。但し、少数だからこれはスルーしてもよいかも知れない。

より重大な留保として、2000年のApprendi判決を嚆矢とする連邦最高裁の一連の判例法(*1)は、量刑判断にかかわる事情につき、陪審の判断対象とする範囲を拡大していることである。すなわち、量刑を重くするための事情が陪審によって認定されていない場合、当該刑の宣告は陪審審理の機会を奪ったものとして違憲な手続となる。
特に、2003年のRing判決は、事実上、死刑を科すかどうかは陪審が決定しなければならない、という効果を持つ。(*2)

従って、非専門家が量刑に関わること、特に死刑判断を為すことを、「外国だってそんなことをしていない」と裁判員制度批判の論拠として使うことは適切ではない、と考えている。(*3)
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

16:49  |  アメリカ法  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.20 (Wed)

グルジア:ロシア = キューバ:アメリカ?

『コーカサス国際関係の十字路』
  • 『コーカサス国際関係の十字路』
  • 廣瀬陽子(著)
  • 集英社新書、2008年
  • ISBN=9784087204520
廣瀬さん、売れっ子だな。タイミングがタイミングだもんな。
日本でこの地域をきちんと分かっている人自体、数えるほどだろうしな。

本自体は未見なのだけれども
コーカサス国際関係の十字路 (集英社新書 452A) (集英社新書 452A) - MagiBlog! ver.5.0
「ロシアの陰がどこにでもちらつく、というかどこにでも出しゃばるというか、当たり前のようにコーカサスの紛争には顔を出す…。これは何もプーチン政権以降の話ではなく、エリツィン政権の頃からの話であるし、さらに言えばソ連時代やさらに昔の帝政ロシアからこの辺は、ロシアの裏庭であり続け、これからもそのようにモスクワが考えているのは明らかである。」
http://d.hatena.ne.jp/delunnehr/20080815/1218794786
この指摘は興味深かった。
というのも、「裏庭感」という形で事態を把握すると、状況はロシアの専売特許ではない。

(自分的にはまずアメリカを連想するわけだが、)アメリカのモンロー主義は、単なる外交的孤立主義ではない。
間違いなくワシントンにとって中南米・カリブ海は「裏庭」なのであって、実際、孤立主義外交であったとされる19世紀以来、軍事力の行使を含め継続的に介入している。
そうだとすればロシアにとってのグルジアというのも、「裏庭に気にくわない政権が存在する」という意味では、アメリカにとってのチリ・アジェンデ政権やカストロ・キューバ、最近ではベネズエラ・チャベス政権に比定されることになる。

もっとも「裏庭感」の例をさらに他に探すことも可能なはずで、例えば日本は早い段階で中国の勢力下から脱したが、ベトナムや韓国はもっと遅かったわけだし、現在で言えばチベットやウイグルがそれに当たるのだろう。

もっとも、「裏庭感」の根拠はそれぞれ異なるかも知れないが。例えばアメリカのモンロー主義的「西半球の自律性」観念は、多分に理念的なものだった(*1)
404 Blog Not Found:旧ソ連の今を知る - 書評 - 廣瀬陽子の二冊
「もちろん、これはロシアの専売特許じゃない。中国にだってあるし、多かれ少なかれどの国にもある「その土地はオレのもの」主義だが、ロシアと中国のそれはひときわ大きい。」
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51093390.html

自分は外交もIRもさっぱりなので、地政学の専門家の奥山真司氏のブログは勉強になるのだが、
地政学を英国で学ぶ : グルジア紛争とロシアの立場
「…一番大事な「恐怖」という要素…
ロシアは冷戦時代よりも厳しい「封じ込め」に合っていると感じ始めている…」
http://geopoli.exblog.jp/9314833/
この指摘は、引かれている地図と併せてロシアの受け止め方を簡潔に指摘している。
やはりこれをアメリカ史に連想させると、キューバ危機に似た感覚になるのであろうか。こちらのエントリのコメント欄では「まだ」なっていない、と評価されているが。

『強権と不安の超大国・ロシア』
  • 『強権と不安の超大国・ロシア--旧ソ連諸国から見た「光と影」』
  • 廣瀬陽子(著)
  • 光文社新書、2008年
  • ISBN=9784334034399

【関連?】

Versions of Democracy - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する

テーマ : 国際情勢(非極東) - ジャンル : 政治・経済

00:45  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。