2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.19 (Mon)

激しい雨に 鳴り止まない遺伝子

5時に図書館を追い出されるので生活パターンが以前と違ってきているのだが;

ちょっと小腹が空いたが夕食にするには陽が高すぎるので、デリでスープを賈って帰る。
が、袋から出そうとして引っ繰り返してしまった!
不幸中の幸いだったのは、デリのお姉ちゃんが太っ腹で具が多く汁成分が相対的に少なかったので、被害が最小限で済んだことか。

残ったチキンヌードルをしょんぼりと食べていると、中身といい、紙という容器の材質といい、大きさといい、円筒形という容器の形状といい、カップラーメンを食べている気分になってくる。
スポンサーサイト
20:47  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.19 (Mon)

追いかけてね つかまえてみて おおきな夢

今日は卒業のセレモニーがあった、らしい。
午前中は晴れていたのに午後は怪しげな雲行き。一瞬崩れかけたが何とか持ち堪える。
晴れ男/晴れ女が雨男/雨女に競り勝ったか。

アメリカの大学の卒業式は日本のそれよりもずっと盛大で、晴れがましい。
ハレ度:  アメリカの大学の卒業式 > 日本の大学の卒業式
遠いところに住んでいる場合も含め、家族も総出でやって来る。
この点、入学式と対照的、というか、入学式自体がない。オリエンテーション的集会だけやって、授業。(*1)
ハレ度:  日本の大学の入学式 > アメリカの大学の卒業式 ≒ 0
日本の場合、入学式のほうが盛大さでは優勢かも知れない。(*2)
ハレ度:  日本の大学の入学式 > 日本の大学の卒業式

Graduation Party
Locust Walk
どこかの部局のパーティ。
どこだかは知らぬ。
キャンパス中央の通り。
写真にも微妙に写っているが、こちらの卒業式ではガウンを着るカルチャーがある。というか、自分もかつて着た。たぶん元を辿ればヨーロッパの大学のカルチャーで、ということは根っこは教会か修道院辺りにあるのだろうけれども、よく分かっていない。学位によって着るガウンの種類も違うようだが、やっぱりよく分かっていない。(*3)
Gown
Gown2
反射で見えにくくてすまぬ。 化粧品屋のショーウィンドウ。
日本にはそういうカルチャーがない(*4)のが、彼我の卒業式のハレ度の差になっているのでは、と一瞬思ったが、それを言えば日本でならば女子学生の着る女袴がそれに相当するか、と考え直す。
ハレ度:  アメリカの大学の卒業式の格好(男子) > 日本の大学の卒業式の格好(男子)
ハレ度:  日本の大学の卒業式の格好(女子) > アメリカの大学の卒業式の格好(女子) 
男子学生と女子学生とでドレス・コードが違うのはジェンダー的にどうなんだ、という一方で、アメリカ式は女子学生を男子学生と同じドレス・コードに押し込めていると解釈すればジェンダー的にどうなんだ、という問いだけを立ててみて考えない。
20:20  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。