2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.18 (Sun)

団結 時に衝突 あとくされないように とりあえず円満

カリフォルニア同性婚禁止違憲判決 - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-189.html
補足というか蛇足というか。

本カリフォルニア州最高裁判決の判断の柱は2本ある(とのことだ)が、その一つは婚姻は「憲法上の基本的権利fundamental constitutional right」とするもので、今一つは平等の問題として取り扱うこと。

これを日本国憲法上に引き直せば、前者は幸福追求権→13条の問題、後者は14条(1項)の問題ということになる。
しかし大きな違いは、日本国憲法には24条があること。
第24条  婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
 2  配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。
「婚姻」を「両性」の関係性の問題として把握する(*1)ことが条文上明示されている以上、同性婚の法制化に課せられる実定憲法論上のハードルはかなり高い。日本国憲法が同性婚を容認しているとするためには、憲法上の「婚姻」とは24条に言うものに限定されないとか、そういう解釈論を展開する必要があるはずだが、そうすると24条の規制を空文化させてしまうのでマズそう。
まあ、そういった辺りについては憲法学者のほうで検討はされているのだろうと想像。(*2)

さて、自分の--そして当ブログの--関心はアメリカ法およびアメリカ法から眺めた日本法にあるわけだが;
同性婚に反対する立場から、州憲法を改正して婚姻を男女間のものに限るとする条項を州憲法の修正で挿入したりしている。婚姻を"a union of/between one man and one woman"などと定義する条項を書き込むわけである。(*3)
何が言いたいかと言えば、それに相当する条項を既にずっと以前から日本国憲法は持っているな、と。(*4)(*5)
2008-05-18 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
[話題]同性婚:米カリフォルニアで容認判決 州最高裁
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20080518#1211070689
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

23:56  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.18 (Sun)

雨男をさがせ

今日は大学の卒業式だった、らしい。 ←よく分かっていない
しかし午後から本格的な雨。
卒業生に誰か雨男/雨女が混じっていたのだろう。

夕飯を買いに行ったスーパーでは"Happy Graduation!"の飾り付け。 Happy Graduation!


明日もセレモニーがある、らしい。 ←やっぱりよく分かっていない
23:06  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。