2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.17 (Sat)

高等教育の授業料

先日のエントリで大学と寄付という話題に触れたので、書こうと思って書いていなかったネタ。

アメリカのロースクールの授業料はバカ高い。

日本でLSを作る際にも授業料は論点だったが、日本のそれがかわいく見えるほど、目茶苦茶高い。ロースクールに限らずprofessional schoolは、「あんたら卒業したら稼ぐんでしょ」と言わんばかりにしばしば高額の授業料を取る。今の私立のロースクールであれば年3万ドルオーバーはザラである。
普通のJ.D.の学生であれば×3、もちろん他に生活費やら本代やらもかかる。夏に--つまりこれからのシーズンだが--働くというカルチャーがあるとは言え、見習いみたいなものだし、焼け石に水。

日本だとそこで「高額所得者しか弁護士になれない。ケシカラン」となってしまうのだが、そこはそれ、アメリカは資本主義の国、そういう面がないとも言えないが、困ったときには市場が何とかしてくれる。つまり貸与制奨学金のシステムが発達している。
貸与制「奨学金」というと何だかよさげだが、英語ではズバリ"student loan"である。要するに借金。
つまりロースクール卒業生=新米弁護士は、10万ドル=1000万円を超える借金を抱えて働き始めることになる。

このことは新米弁護士のキャリアにも影響を及ぼす。
とにかく借金を返さねばならないから、第一の人気の就職先は、給料のいい、大都市の大ローファームということになる。
逆に、給料のあまり高くない職にはなかなか人が集まらない。たとえその人がその分野で働きたいという情熱を持っていたとしても。
そのような職の典型が、検察官事務所を含む(広義の)public interest職(*1)である。(*2)

public interest
撮影したのは数ヶ月前だが、「刑事の弁護士(検察側・被告弁護人側双方)になりませんか」と呼びかける説明会のビラ(*3)
こうやって学生の関心を高めようとしている。

Harvard Law, Hoping Students Will Consider Public Service, Offers Tuition Break - New York Times
By JONATHAN D. GLATER
Published: March 18, 2008
http://www.nytimes.com/2008/03/18/us/18law.html?_r=1&th&emc=th&oref=slogin
この方面における新しい動き。
ハーヴァード・ロースクールが、政府やNPOで働くこととした学生に対し3L時の授業料を免除することとしたというもの。


もっとも、高額な授業料というのはロースクール/professional schoolに限られた話ではなく、アメリカの高等教育=大学教育において一般にいえる話ではある。
そしてこのことは、政治的/政策的にも問題だと認識されている/つつある。
もっともその動機は、高等教育の分配の公正の問題としてではなく(そうした側面もあるのかも知れないが)、財政構造の問題としてである。
すなわち、student loanにおいては連邦の財政支出に基づくプログラムが重要な役割を果たしている。(元)学生の無資力リスクなどは連邦財政が負担することになる。
他方、大学は「非営利組織」として税法上有利な地位を享受して寄付を集め、結果かなりの資産を保持しながら、貯め込むばかりで必ずしも還元されていない。これはどうよ、ということである。

かくして、大学に対してもっと金を使え、とりわけ学生へ還元するようにせよとの政治的圧力が強まることとなる。
Senate Looking at Endowments as Tuition Rises - New York Times
By KAREN W. ARENSON
Published: January 25, 2008
http://www.nytimes.com/2008/01/25/education/25endowments.html?ex=1201928400&en=a21dd71d587a0f6d&ei=5070&emc=eta1
実際、大学もその方向へ動いているとのこと。
Harvard to Aid Students High in Middle Class - New York Times
By SARA RIMER and ALAN FINDER
Published: December 11, 2007
http://www.nytimes.com/2007/12/11/education/11harvard.html?scp=1&sq=Harvard+to+Aid+Students+High&st=nyt
Harvard’s Aid to Middle Class Pressures Rivals - New York Times
By JONATHAN D. GLATER
Published: December 29, 2007
http://www.nytimes.com/2007/12/29/us/29tuition.html?scp=3&sq=Harvard+to+Aid+Students+High&st=nyt
Yale Plans to Increase Spending From Its Endowment - New York Times
By ALAN FINDER
Published: January 8, 2008
http://www.nytimes.com/2008/01/08/education/08yale.html?ex=1200459600&en=6018cde2ff1fe455&ei=5070&emc=eta1
ハーヴァードが学生に対するfinancial aidを拡大したこととその影響のレポート。

もっとも、このような動きが目立ち始めたのは昨夏くらいからだが、その頃からサブプライムに起因する経済的混乱も本格化している。昨夏の時点ではそれまでのパフォーマンスで計られていただろうが、その後の経済情勢からすると財務状況は一気に萎んでいることも考えられ、この方向で単純に進むかは予断を許さない。


サブプライム問題の顕在化以降、金融セクターが萎縮していることからstudent loanについても得ることが難しくなりつつある模様。
Fewer Options Open to Pay for Costs of College - New York Times
By JONATHAN D. GLATER
Published: April 12, 2008
http://www.nytimes.com/2008/04/12/business/12loan.html?_r=1&th&emc=th&oref=slogin
【2008/10/30追記】続報:
College Tuition, Aid and Borrowing All Going Up, Report Finds - NYTimes.com
By TAMAR LEWIN
Published: October 29, 2008
http://www.nytimes.com/2008/10/30/education/30college.html?_r=1&th&emc=th&oref=slogin

【関連】

アメリカの裁判官(の給料)とリーガル・サービス市場 - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
サブプライム問題 - アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

23:19  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.17 (Sat)

カリフォルニア同性婚禁止違憲判決

離婚が認められないことが教会の分裂の原因になるほど、西洋において「婚姻」は重要なようで。

California gay marriage: California Supreme Court overturns ban - Los Angeles Times
By Maura Dolan, Los Angeles Times Staff Writer
May 16, 2008
http://www.latimes.com/news/local/la-me-gaymarriage16-2008may16,0,6182317.story
カリフォルニア州最高裁が、同性婚を認めないことは州憲法違反と判断。全員共和党知事に任命された裁判官のうち、4:3の判断。
確かにこれはニュース。

日本語で読める中ではCNNが一番正確で詳しいかな。さすがに。
CNN.co.jp:カリフォルニア州最高裁、同性婚認めぬ州法に違憲判決
2008.05.16 Web posted at: 13:00 JST Updated - CNN
http://cnn.co.jp/usa/CNN200805160007.html

判決文本体はこちら。
In re Marriage Cases, 2008 Cal. LEXIS 5247 (Cal. May 15, 2008)
available at http://www.courtinfo.ca.gov/opinions/documents/S147999.PDF
172頁(笑)
斜めに読むにしてもちょっと時間要るから、判断構造の分析はどなたか関心の向きにお任せしましょ(^^;

California gay marriage: California Supreme Court overturns ban - Los Angeles Times
"The court's ruling repeatedly invoked the words "respect and dignity" ..."
Dwokinがアミカス・ブリーフでも出していたのかしらん。

個人的に気になるのは
California Supreme Court Overturns Gay Marriage Ban - New York Times
By ADAM LIPTAK
Published: May 16, 2008
"The court left open the possibility that the Legislature could use a term other than “marriage” to denote state-sanctioned unions, so long as that term was used across the board for opposite-sex and same-sex couples."
http://www.nytimes.com/2008/05/16/us/16marriage.html?th&emc=th
ここら辺ですな。それじゃあそもそも「婚姻」って何、っていう。


州憲法に基づく州最高裁の判断だから訴訟の本案としてはここまでだが、まぁこの判決があっさり発効するとは考えにくいわけで、反対派は州憲法改正を発議して、今秋の選挙の際に一緒に州民投票に付すでしょうな。その際には判決執行のstayが申し立てられることは確実だし、裁判所は認めると予想。

それでは反対派の州民投票の結果はどうなるかと予想すれば、読み切れない。
カリフォルニアだけに、憲法修正なし=本判決の維持、というほうがやや優勢、あたりか。

他州への影響はどうか。
カリフォルニアがいろいろな意味で大きな州であることは確かなので、他州への影響も大きいとの予想がなされているが、他方でカリフォルニアはいろいろな意味で“特殊な”州であるとも受け止められているから、そうすんなりと全米に広がっていくということもないのではないか。

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

00:10  |  アメリカ法  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。