2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.02 (Fri)

こくみんのしゅくじつ

そうか、"national holiday"を日本語に訳せば「国民の祝日」か(謎)(後述)

当然、普段はアメリカのカレンダーで生活しているわけだが;
何故かアパートの部屋にかかっているカレンダーは日本版である。
で、5月になったのでカレンダーをめくった。
あれ、火曜日まで休日になっている。
あぁ、あれだな、国民の祝日に関する法律が改正されて、4月29日が「昭和の日」になって、「みどりの日」が5月4日に移動して、振替休日の規定が変更になったためだな。確か去年は実質的に影響が出ていなかったので、変更の効果が明らかになるのは今年から、と。
国民の祝日に関する法律
(昭和23年7月20日法律第178号)
第3条 「国民の祝日」は、休日とする。
2 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
しかし、何故このようなことをするかな。
「休日」を確保したいのであれば、有給休暇を確実に取得できるようにすればいいだけだろ常考。そのほうが観光客も分散して、観光産業や交通への負荷も分散し、全体として繁栄するんじゃないのか。

簡単に移動できるようなものであれば、“祝日”の価値自体が軽く思えてしまう。国民的/国家的に記憶に値する日だと判断したから祝日にしたのではないのか。
今更なのだが、「体育の日」を10月10日から動かしたのは許し難い。東京オリンピックの開幕という、重大な日だろうに。

条文をちゃんと読んでみると今更ながら初めて気付くことというのはあって、
第2条
建国記念の日 政令で定める日
なのね。
先日、こちらのlaw reviewに日本法に関する論文(筆者はアメリカ人)が投稿されてきて、編集作業(出典のチェック)を手伝ったのだが、その中に「最判昭和35年2月11日」というのがあって、「祝日のはずなのに判決が出ているのはおかしい。誤りでは」と思ったが、確認してみると当時はまだ「建国記念日」はなかったんね。
妙なきっかけでトリビアを身に付ける。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:56  |  日本社会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.02 (Fri)

初等・中等教育の“効率的”“効果的”経営

北米市場を制覇するKUMON(公文)、「独り勝ち」の仕組み :: INSIGHT NOW!
石塚 しのぶ/経営戦略
2008年5月1日 10:01
http://www.insightnow.jp/article/1291
(エントリには書きそびれていたのだが、)先日ニューヨークに行った際に、クィーンズの宿の近くで何かどこかで見たことのあるような看板が、と思ったら"KUMON"だったんですよね。
KUMONb
KUMONa
へぇ、アメリカにも進出してたんだ、と。
フィラデルフィアにもあるのかも知れない。近所では見かけないが、郊外へ行けばあるいは。
撤回要求:現職校長、都教委に…職員会議の挙手禁止通知 - 毎日jp(毎日新聞)
「東京都教育委員会が都立学校の職員会議で教職員による挙手や採決を全面禁止した通知を巡り、都立三鷹高(三鷹市)の土肥信雄校長(59)が「教育現場で言論の自由が失われている」と撤回を訴えている…」
「通知後の職員会議について土肥校長は「教職員が『何を言っても意味がない』と思うようになり、活発な議論がされなくなった。教員の意見が反映しにくくなった」と主張。」
http://mainichi.jp/select/today/news/20080502k0000m040151000c.html
Matimulog: free-speech:言論表現の自由を考える素材
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2008/05/freespeech_766a.html
この都教委の政策自体はunwiseだと思うが、そこで「言論の自由」に飛び付くのも大上段に過ぎるように思われる。

企業経営における言説を見ていると、現場で発生していることを経営側が早く具体的に把握するためにこの種の会議が(も)(再び?)重視されているようであり、そういう動向を仕入れていないのは悪い意味でお役所仕事だなぁ、と。
ダラダラ会議が現場のスピードアップを生む:NBonline(日経ビジネス オンライン)
世界シェア9割、優良企業アルバックの全員納得経営(1)
2008年5月1日 木曜日 大村 洋司
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080428/154411/
23:30  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。