2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.09 (Sun)

裁判所のソフト・パワー

ここしばらく、アメリカ憲法訴訟におけるコモン・ロー的特性のモチーフを気にしている。
数週間前の木曜の憲法理論ゼミは、このモチーフに関連してStraussの論文(*1)がassignmentだった。
教授は説得的な議論だと思ってassignしたようだったが、学生側はなかなか懐疑的な態度を崩さなかった。自分は「実際に裁判所が行っている作業の記述理論としては説得的だが、新規novelな判断を基礎付けるための規範理論としては不十分」と学生側の懐疑を受けて私見を述べた。
自分「裁判所の判断に対する国民の信頼といった外在的要素が存在するだろう。」
教授「なぜ信頼している?」
自分「現代型憲法法理が形成されたのは20世紀中庸以降。ニュー・ディール以来の州法の改革者としての連邦のモチーフ、特に公民権運動で果たした役割の記憶があるのではないか。」
教授「どうやって実証する?」
自分「…orz」

確かに、司法部、特に連邦司法部、中でも連邦最高裁に対するアメリカ国民の信頼・威信は高い。政府の他の部門や法律家一般に対する信頼は必ずしも高くない(低い!?)にもかかわらず。
社会調査でもそのような結果が出ているし(*2)、2000年の大統領選挙が連邦最高裁判決で最終的に決着したことはまだ記憶に新しい(*3)。 最終的な結論の内容に不満がないわけではないが、それがしかるべき手続に則って下された決定である以上、それに従う、という観念と態度。その普及。(*4)

アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する - カッペの契約法
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-23.html
アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する - カッペの契約法・補論
http://izw134.blog74.fc2.com/blog-entry-128.html
先のエントリでは(国家の暴力装置に訴えてでも)裁判所の決定を貫徹しようとしない日本国政府の態度を遺憾としたわけだが、その際に念頭にあったのは(他の幾つかのブログでも見られたように)人種別学禁止という(連邦)司法部の決定を実行するために(連邦)軍が投入された事例が念頭にあったのは確かだ。

しかし、アメリカの裁判所も、少なくとも暴力や財政という面で大した力を持っているわけではない。「権力の三部門の中で、司法部が比較の余地なく一番弱い部門であることは、争うまでもなくたしかである。」「司法部は剣にも財布にも縁はな…〔い〕。司法部は、つまるところ力も意志ももたず、ただ判断するにすぎない…。しかも、その判断を有効に実施するためにも、結局は行政部の助けをかりなければならないのである。」(*5)
人種別学解消のための連邦軍の投入も、アイゼンハワー大統領の決断=執行部が重い腰を上げて行動に移った、という性質のものである。


だが他方、その威信、それに対する信頼、その判断に対して尊重すべきとの態度が社会内に広く存在すれば、たとえ物理的あるいは経済的な実際上の威嚇が特になかったとしても、裁判所はその判断を実現していくことができるのではないか。
このことを国際関係論の言葉を借りて表現すれば、司法部がソフト・パワーを有していると言える場合があるのではないか。

その上で前述の点を再言すれば、現代=20世紀の第4四半期以降のアメリカにおいては、裁判所、特に連邦裁判所は大きなソフト・パワーを享受していると評価できそうである。
しかし、歴史的に、常にそうであったわけではない。
間違いなく、1857年3月7日の時点では裁判所のパワーはゼロであっただろう。
1950年代でもかなり怪しい。何しろ、人種別学命令の執行のために連邦軍=ハード・パワーを投入しなければならなかったことは、ソフト・パワーの欠如を示す。
しかるに現代では、司法部はそれなりのソフト・パワーを持っていると言えそうで、それは何故か、パズルである。この間に何があったのか。私見の仮説は冒頭の通りだが、どうやって実証するか。歴史家ならぬ自分としては茫漠として雲を掴む気分。


その上で、日教組vsプリンスホテル事件におけるホテル側に対する「批判」の意義だが、このように考えると、裁判所のソフト・パワーを示すものだと解釈する可能性もありそうだ、というのが先のエントリで留保した点である。
しかし、ここで定式化した「ソフト・パワー」とは、たとえ自らの好まない結論であったとしても、決定に従うという観念ないし態度である(*6)
「裁判所の決定に従わないプリンスホテルはケシカラン」とホテル側を「批判」している者でも、半分くらいは攻守が変われば別のことを言い出すような気がする。今回は偶々裁判所の結論が自らの望むものであったから支持しているだけだとすれば、そんな態度は法の支配への忠誠ではない。
従って、先の解釈も眉に唾をつけて考えるべきだろう。

もっと言えば、日本人はもっぱら帰結の好ましさのみに着目する。それが出だされるforumを分節化して尊重する、という態度に薄い。これは左右を問わない。左の旦那様の言説が常に息詰まるものになる所以である。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

22:22  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.09 (Sun)

Spring Break

この週末から約一週間、大学はspring break。
学生の皆さんはどこかへ行ってしまったようで、気を抜くとこちらものんびりになってしまうのだが、処理すべき案件が蓄積している。
気が付いたら夏時間だった。1時間損した気分。
おっさんホイホイに捕まって、昔懐かしい映像(の千早によるカバー)、「再び(プロトカルチャーの)文化を取り戻すのだ」(*1)というのは文革やポル・ポトが念頭にあったのかな、1984年だしなー…などと思案している場合ではないのだったorz

クロッカス(?)
アパートの門のところで咲いていたクロッカス(?) いよいよ春です。
21:56  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。