2007年09月 / 09月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.30 (Sun)

無神論者

今朝のABCニュースのGood Morning Americaで、無神論者atheistが増えているというレポートをやっていた。著名な無神論者ということでRichard Dawkinsの名前も挙がっていたが、そう言えば彼の本は日本語訳されたんだっけか。

日本人の宗教的無節操さは自覚ある所だが、「特定の信仰にコミットしてない」という趣旨のことを言おうとして「私は神を信じていない」を直訳して"I'm an atheist"と言うと、少なくともアメリカ人からはギョっとされるだろう。
「クリスマスを祝って、除夜の鐘を聞いて、初詣に行く」のであれば、間違いなくsomething spiritualを想定しているわけで、atheistとは言えない。

(アメリカ)英語で"atheist"とは、積極的に神(等)の存在を否定する人々を指す。その情熱はむしろ、世俗教か唯物論教の信者ではないかと思わせるくらいだ。

で、何故自分が無神論者のことが気にかかるかと言えば、政教分離関係の事件を見ていると、そういう意味での無神論者が原告になる事例が目に付くからだ。彼らは情熱を持って神の存在を政府から排除しようとする。そして、彼らの神や宗教への嫌悪感が原告適格の基礎となることにも特段争いはないようだ。

そんな無神論者がどんな人々か、気になる。宗教学者ならざる自分には手をつけ難いテーマだが。あるいは自分の目に入っていないだけで既にしかるべき研究はあるのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

19:19  |  アメリカ法  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.29 (Sat)

日ハム優勝

あ、日ハム勝った。優勝だ。
9回になって打者一巡6点ですか、容赦ないなぁ。
MICHEALは2人もランナーを出してピリッとしないが、そこらへんも今期のMICEALらしい(^^;)


自分は分かりやすい人間なので、プロスポーツは地元贔屓だ。
というわけで元々ロッテを応援していたので、日ハムが札幌へ移転してきた時にはどちらを応援したものか困った。が、2004年のプロ野球再編問題の時にロッテがダイエーとの合併の動きを見せて「あ、千葉への愛はないのね」と思ったので日ハム一本に。(そしたらロッテは次の年、優勝してんの。)
日ハムは、移転した年=プレーオフ導入初年度にプレーオフ進出で盛り上がったのがよかった。あれで北海道に定着したと思う。


さて、今期の日ハムは日本シリーズを制した昨年から、SHINJO引退、小笠原・岡島移籍と戦力ダウンが心配されていたが、自分的にはあまり心配していなかった。去年もSHINJOの引退宣言、金村騒動とあったが、その度にチーム力は上がっていった。案の定、今年も戦い方を覚えると成績は上向きに。
先発投手はダルは文句なしだし(タイトル獲らしてやりたいけど、厳しいかな)、武田勝・グリンも終盤ちょっと息切れしたがいい仕事をしていた。八木、金村が事実上いなかったことを忘れるほど。
中継ぎ・抑えは岡島が抜けて、武田久・MICHEALも去年の圧倒的な安定感はなかったけど、まあ合格点。
特に心配されていた打者は確かに戦力低下は否めなかったけど、稲葉は小笠原の抜けた穴を完全に埋めていた。一時不調もあったが1・2番コンビは機能していたし、高橋信二がクリーンアップに定着したのもいいニュース。その他、小谷野、工藤など、日替わりで活躍する選手が出てきたのもいい。

この調子を維持してポストシーズンも締めてもらいたい。


こうなるともう一つのプロスポーツチームであるところのコンサドーレも気になるところ。前節は勝った&首位を維持しているとは言え、第3クール後半からの崩れっぷりで「J1昇格は当然」と思われていた一時の状況からは程遠い。どうなることでしょうか。

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

21:31  |  札幌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.29 (Sat)

ダウンタウンにKmart

先日開いた銀行口座に、持っていたT/Cを放り込む。これでT/Cが片付いた。
窓口で頑張って意思を伝えようとしている東洋人がいた。手元の書類を覗き込んだら案の定日本人。たぶん留学してきたてなのだろう。自分も最初の留学の時はこんな感じだったのだろうかと思う。

ベッドリネンとかシャワーカーテンとか、住居に必要なものをどうしようか困っていたが、ダウンタウンのど真ん中にKmartがあることを発見して、調達。
駅を降りたらその近くにNational Constitution Museumがあるらしい。しかし、また今度。

一時滞在先のホテルに戻ったら、くたびれて寝てしまった。
起きてホテルのcancelation policyを確認したら、一日前ならno chargeだけど当日だと100%だとある。折角アパートが住める状態になったのだが、もう一日ホテル住まい。
15:17  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.28 (Fri)

規制を求める業界

溜まっていた新聞記事を読む。
その中に、Eric Lipton & Gardiner Harris, In Turnaround, Industries Seek U.S. Regulations, The New York Times (Sept. 16, 2007)というのがあった。
趣旨は、業界というのは規制を嫌うものだと普通思われるが、ブッシュ政権のプロ・ビジネス姿勢の下、多くの業界が連邦規制を求めて動いている、というもの。理由は、州による規制(不法行為責任を含む)の専占と、中国等の安価な外国製品の流入に対する対抗。

連邦法による州法の専占の問題は以前からちらちらと見てはいるし、背景の連邦法の斉一な規制を好むビジネス界という事情も了解してはいたので、ネイティヴから見てもポイントになるところを見ているという意味で自分の見る感覚が間違っていないと確認できるのはうれしい。
尤もその先の、どういう視角で整理するかについては未だ考えが固まっていないのだが。
(専占も認める場合も認めない場合もプロ・ビジネス、というまとめ方は一つあるのだけれども…判例・裁判例を見ているアプローチだと、関係する連邦法・州法の個別的解釈論が前面に出てくるので、一般論を立てるのは難しい。)

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

23:42  |  アメリカ法  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.27 (Thu)

getting started

受け入れ教員のF教授と昼ご飯のアポイントメント。
のために彼のオフィスへ行く途中で、教室で学生の質問に答えている彼を見つけた。1LのTortsかな。
木曜日というのはfaculty lunchの日で、そこに行こう、ということになった。というか、それが今日に指定された理由。Facultyなら誰でも来てよくて、研究のことや教育のことやそうでないことを喋りながら昼ご飯を食べるらしい。いい習慣だ。(大学にお金はかかるらしいが。)
今週は2L・3Lが就職面接で出払っている期間でfacultyもあまり出てきていないとのことだったが、何人かには会った。流石に名前はまだ覚えられなかったが。それにしても、外国からのゲストにfriendlyに話しかけてくれるアメリカの(大学の?)カルチャーはいい。

午後、アパートの鍵をもらいに行く。
中を綺麗にする作業の業者が未だ来ていないとのこと。
アパートに荷物を置いて、買出しついでに周囲のneighborhoodを見に出ることにする。かなり大きなgrocery storeというかスーパーを発見して、中を見てみる。何とかsurviveできそうだ、と思う。カップめんとかもあったし。"maruchan"とか"nissin"とかいうブランドだったけど(笑)
アパートに戻ったら業者が来ていて作業中だった。
21:59  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.25 (Tue)

住みか

午前中、アポイントメント通り、Pennの担当者と会って、IDカードその他の手続きをする。学問コミュニティの一環として受け入れられているのが具体的に分かるのが嬉しい。

午後、アパートを見に行く。かなり古い建物。何でも1860年代?の物件とのこと。部屋も広さはあるが、やはり古い。前の店子が出て行った後の掃除中だった。
他も探してからにするかと聞かれ、一瞬迷ったが、このままサインしてしまうことにした。他を探しても手頃な物件が見つかるアテはないし、サバイバルしてできないことはないだろう。何と言っても大家さんが隠居したPennの元教授だというのがいい。acadedmicsに理解がある。
サインした後になって(忘れていた)laundryを見に行く。ちょっと(かなり)キテいるので焦った。まあ、何とかサバイバルしよう。
20:39  |  身辺雑記  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.24 (Mon)

幸先良し?

朝起きると、昨晩の内にメールしておいた家主さんからメール&電話がやって来て、明日の午後に見に行くアポイントメントを取る。ほとんど待ちがないのが幸先がいい。

T/Cを換金できるオフィスがダウンタウンにあることを発見したので、出かける。あっさり現金化。
これまでの米国滞在ではT/Cを使うのを難しく感じていたので(T/Cを受け取る所なら大抵クレジットカードも受け取るので、T/Cよりクレジットカードのほうが便利)、あまりの簡単さに拍子が抜ける。こんなことならT/Cをもうちょっと多めに持ってくるんだった。(ちゃんと下調べしとけよ、というツッコミは可。)

その後、電話もらった物件の地区を見に行く。(だったら今日のアポイントメントを取れよ、というツッコミには、時間が合わなかった、と返す。)
けっこう危なげなneighborhoodに突っ込んでいって、しかも該当住所がない!と焦るが、ちゃんと確認してみたら単純に住所を覚え違いしていたのだった。改めてその建物を見に行くと、古い街区に古い家。
そこから大学方面へと歩いて戻る。直近というわけではないが十分walking distanceの範囲内だし、むしろこのくらい離れていたほうが途中で買い物とかできていいいかも知れない。キャンパスを突っ切る形になるが、大学のコミュニティの雰囲気は楽しい。

まだ時差ボケが直っていないので、late afternoonになるとかなりキツイ。
22:29  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.22 (Sat)

到着

到着。
もともと夕方着予定だったとは言え、飛行機(米国内便)の遅延でさらに遅れた。宿を予約してあったのは正解。ちょっと高かったが。

とりあえず今日明日は倒れる。
22:36  |  身辺雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.21 (Fri)

さよなら307号室

今日は明け渡しの日。だが部屋が片付いているとは言いがたく、大物は運び出したとは言え、細々としたものはまだまだなので、昨夜からほぼ完徹に近い形で処分するものと送るものを整理する。

前に留学したときも、結局直前になってバタバタしてたなぁということを思い出す。
最後の晩餐
最後の晩餐。
平日は料理しない(週末のみ)ので、普段はこんな感じで駅前のスーパーの弁当+パック味噌汁というのが多かった。中でもこの唐揚弁当はたぶんここで一番多く食べた晩飯。ハシもこの一膳で通した。
部屋の様子
部屋の様子。もう明るくなってるし。
反対側から見たところ
反対側から見たところ。

今回処分する中での大物はベッドと、特に机。
反対側から見たところ
この机は小学校に上がる時に買ってもらったもの。自分は物持ちがいいほうではあるが、このデスクとは約30年の付き合いになる。学生の間中、ずっと使い続けてきて、札幌へ来る時にも持ってきた。
もし自分が現在知識労働者として自らをidentifyしているのだとすれば、その原点にあるものだと言える。
それだけに思い入れも大きいので迷った。(中間的な案として)誰かに譲ることも考えたが、年季のためにデスクトップには歪みがあるし、あちらこちら表面もはがれている。思い切って処分することにした。(赤帽さんのトラックにも乗らなかっただろうし。)
ありがとう。お疲れさま。


残すものをありあわせの箱に詰め込んで、早朝に実家に発送する。大屋さんがモノを処分するといってくれなければ、きっと終わらなかった。(いや、実際終わってないので、大屋さんに甘えて終わったことにした、が正しい表現。)
一人だから身軽かと思ったが、全くそんなことはない。


この部屋には7年住んだことになる。正確には7年と5ヶ月か。いつでも動けるようにと荷物を増やさないように心がけていたつもりだが、いつの間にかかなり溜まっていた。人生を70年とすれば、10分の1をこの部屋で過ごしたことになる。
大屋さんによると、一番古い店子だったそうだ。入った時は新築だったから、新築の時からの入居者はこれでいなくなることになる。
明け渡しの時にはちょっとセンチメンタルになった。年を取ると涙もろくなってよくない。
ありがとう、307号室。お世話になりました。
08:51  |  札幌  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.19 (Wed)

搬出

荷造りが昨日までに終わらなかったので、朝から慌てて行う。うーん、やっぱり泥縄的だなぁ(^^;
late afternoon になって赤帽さんがやって来る。B君に手伝ってもらって搬出。赤帽さんのトラック、タテ方向も含めてギリギリ。机を除いたのはやはり正解か。
帰って来ると、当然といえば当然だがガランとしている。予想していたこととは言え、広く感じる。
09:21  |  札幌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.17 (Mon)

ひ~~~

引き払うアパートの部屋が片付かない。
7年も住んでるとかなりアカが溜まってるなぁ。
10:59  |  札幌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。